やはり発熱問題あり? アンダークロックされたS820搭載機第一号、「Xiaomi Mi 5」のベンチスコアが発見

中国のXiaomiの次期フラッグシップモデル、「Xiaomi Mi 5」のものとされる機種のベンチマークスコアが発見されました。

201511120829

この機種、おそらく日本で発売されることはないと思われるモデルですが、気になるのはQualcommが先日公式発表をした最新SoC、Snapdragon 820を搭載しているという点。

S820はXperia Z6を始めとする来年発売の複数の国内フラッグシップモデルへ搭載されることがほぼ確実視されているだけに、このCPUチップを搭載した他機種の動向は気になるところです。

結果はシングルコアで2140、マルチコアで4762という非常に優秀なスコア。

一方、このスナドラ820、4コア最大2.2GHz動作のカスタムCPU「Kyro」を搭載しているのですが、ベンチマークスコア結果を見る限り、動作クロックはに1.59GHzに制御、つまりアンダークロックされています

つまり、スロットルされなければおそらくシングルコアで2500以上、マルチコアで6000近いスコアがでるのではないでしょうか。

この機種自体、まだプロトタイプの段階なのでこれからチューニングをしつつクロックアップしていく、という可能性も十分にあります。

ただ、発熱を抑えるためにアンダークロックをしている、ということになるとXperia Z4などで発熱問題を起こしたS810同様、スペック通りの性能が発揮できないなんてことにもなりかねません。

そういった意味で、このCPUチップの実力を判断するにはもう少し様子見が必要そうですね。

コメント

  1. k より:

    KyroじゃなくてKryoです。