Snapdragon 820がベンチマークに登場。スコアは驚愕の8万超え

201509030424

Qualcommの次期フラグシップCPUチップとなる「Snapdragon 820」。

この最新チップのベンチマークスコアが発見されました。

201509030427

「Green Orange X1 Pro」という謎のモデルですが、なんと84000近くのスコアをたたき出しています。

スナドラ820搭載の第一号機種は今のところ、「Xiaomi Mi 5」と言われていますが、このCPUが来年発売されると思われるXperia Z6や他の複数のハイエンド機種に搭載されることは確実です。

現在最速と言われている「Galaxy S6」や「Galaxy S6 edgeでさえ7万以下なので、かなりスゴい潜在的な処理性能を持っていることは確かなようです。

が、問題は製品化された端末で実際に同様のパフォーマンスが発揮できるか?という点。

S810もリリース前の前評判ではかなりの高性能でしたが、実装したスマホが登場するやいなや、発熱問題が勃発。

そのためか、Xperia Z4などを筆頭にクロックダウンがされたとみられる機種も複数存在し、理論上の性能を出し切れていない、という問題があります。

Snapdragon 820ではこういった問題が解消されることが期待はされていますが、一部ではスナドラ820も発熱問題を抱えているという噂もあります。

そういった意味で、今回のスコアは「参考値」程度のものとして、過度な期待は持たな方がいいかもしれません。

ソース: Tech Grapple