スナドラ815は存在すらしない事が判明。次期CPUチップはSnapdragon 820-Qualcommが明言

201504010840
Qualcomm社の最新CPUチップ、「Snapdragon 810」の後継モデルとして今年後半にも導入されると噂の「Snapdragon 815」ですが、これについて新情報がでてきました。

QualcommのPR責任者、Jon Carvill氏が明らかにしたもので、同氏は「Snapdragon 815というプロセッサーの開発計画は存在しない」と明言。
つまり、最初からスナドラ815というCPUチップは存在していないということですね。

以前、S801やS810などとの発熱比較グラフなども出ていましたが、これは全くの捏造資料だった、ということになります。

というわけで、Snapdragon 810の正式な後継チップはSnapdragon 820で決定なようですが、そうなると、820搭載スマホが市場に出回るのは来年の今頃ということになりそうです。