スマホ評価・不具合ニュース

スマートフォンやタブレットについての評価や不具合情報、比較などを口コミ中心でお届けします。

*

「画面オーバーレイを検出」エラーでアプリが使えない問題の対処法・直し方 (Twitter, FB,インスタなど)

   


201612101558

最近、様々なアプリを使用しようとすると「画面オーバーレイを検出」というメッセージのポップアップが出てそのアプリが使えない、あるいはそのアプリの特定機能が使えないという報告を頻繁に見かけます。

特に多いのはTwitter、Facebook、Instagramなどで画像のアップロードができないという症状ですが、その他にも権限が許可できないために様々なトラブルが出ている模様。

この症状、問題はこのポップアップに従って「設定」画面に移行してもその設定の変更自体(アクセス権限の付与)ができないという点。

国内では最新のXperia XZ、Xperia X Performance、その他Arrows、AQUOSなどで複数の発生報告がでており、おそらく機種は無関係。

一方、Android 6.0.1以降のOSを搭載したモデルで多発しており、いくつかの改善方法がすでに紹介はされているのですが、ちょっと情報が交錯気味。

なので、まずはこの問題の対処法・直し方を簡単に紹介します。

Androidで「画面オーバーレイを検出」でアプリが使えない場合の対処法・直し方

1. 権限の変更をブロックしているアプリを特定

要は、使用に問題が出ているアプリの権限変更を邪魔している他のアプリを見つける、ということです。

方法は:
・「設定」→「アプリ」→歯車のアイコン→「他のアプリの上に重ねて表示」→「有効」を「権限のあるアプリ」に変更

2. 「他のアプリの上に重ねて表示」の権限をオフに

・「1」で表示されているアプリのうちのどれかが問題の発生しているアプリの権限変更をブロックしています。
・よって、怪しいアプリタップし、「他のアプリの上に重ねて描画」のトグルをオフに

このアプリの特定作業が一番面倒なのですが、原因となっているアプリで多いのは:

・ブルーライト軽減フィルター
・Clean Master
・SwipePad
・Omni Swipe

一般的にはシブルーライトカットアプリなど、画面全体に「オーバーレイ(重ねて)」表示がされるアプリが原因となっていることが多いですが、その他の一見オーバーレイとは無関係に思える他のアプリでも複数の例があります。

よって、決めつけるのではなく、根気よく原因アプリを特定しましょう。

レイジーな方はとりあえず片っ端からオフにしてあとで様子を見ながら徐々にオンに戻す、という方法でも良いとは思います。

また、応急処置的な対処法で良い場合は、ここで表示されているアプリを「設定」→「アプリ」から一旦すべて強制終了しても問題の出ているアプリの権限許可はできるようになります。

このオーバーレイ問題、セキリュティ上、仕方のない事なのですが、本来ならばこのポップアップからは権限の変更をブロックしている別アプリの設定画面も開くようにすべきだと思うのですが。

まあ、Android 7.0では改善されている問題らしいですが、地味に不便な「仕様」なのでなんとかしてほしいものです。

 - Android OS, Facebook, Galaxy, Galaxy S7, Twitter, Xperia, Xperia X Performance, Xperia XZ, Xperia Z3, アプリ, インスタグラム, エクスペリア, カメラ落ち・強制終了, 不具合, 改善方法・対処法・直し方