サムスン、Xperia XZ Premium、XZ1、XZ1C超えのスローモーション撮影が可能なセンサーを開発中

201709181342

スマホのカメラでのスローモーション撮影と言えば、Xperia XZ Premiumで搭載された960fpsの超スローモーション撮影を可能にした「Motion Eye」が有名。

このカメラはすでに海外の一部では発売済のXperia XZ1およびXperia XZ1 Compactにも同じものが搭載されていますが、サムスンが現在、このMotiion Eyeの960fpsを超える1000fpsでの撮影が可能になるセンサーを開発中であることが明らかになりました。

現時点でこういった情報があがるということはおそらく来年のGalaxy S9/S9 Plus向けのセンサーでしょうか。

ただ、技術的にはMotion Eyeと似て、カメラセンサー自体にDRAMを搭載することで高速書き込みを可能にするという仕組みのようです。

一方、Xperia XZ1 Premiumの超スローモーション撮影については発表当初はそこそこ話題にはなりましたが、実際に使うと明るさなどの制約が多く、あまり実用的には使えない、という声も少なくありません。
(というか、最近ではあまりワダにするら挙がりません。)

よって、Motion Eyeよりもわずか40fpsだけアップしたこのサムスンの新型1000fpsカメラがどの程度ユーザーの心をつかむのかは微妙な所。

ましてや撮影状況を選ぶXZPのようなお遊び的な機能だとどうなんでしょうね。

ソース