iOS 8.2アップデートでSafariが開かない、落ちる、詰まる際の改善方法

201503101758
昨日リリースされた最新iOSの「iOS 8.2」。
今のところ、広範囲で確認されるこれといった致命的な不具合などの報告は挙がっていませんが、一部ではちょっと気になる問題も浮上してきています。

具体的には、iOS 8.2にアップデートをした後、Safariがページを読み込まなくなった、落ちるようになった、詰まるようになったといった報告で、国内外で報告が増えてきています。

ただ、Apple Support Communitiesのユーザーによると、幸い改善策はある模様で手順は以下のとおり:

①「設定」 → 「Wi-Fi」から接続しているルータの「i」ボタンをタップ。
②[DNS]をタップして「8.8.8.8」と入力
③端末を再起動してSafariの動作を確認
④問題なくブラウジングが出来るようなら、「設定」からDNSを空白に戻す

スレッド上の情報によると、iOS 8.2アップデートにより、このネットワーク周りになんらかの「詰まり」が起きている可能性が高く、DNSサーバーを一時的に変更し戻すことでこれがリセットされる形になるとのこと。

この問題、全てのiOS端末で起きているわけではないようですが、以前のiOSアップデートよりもトラブル報告が多いという印象を受けます。
また、iOS 8.2以外でも、この方法でSafariの通信関連不具合は改善するようなので、お困りの方は一度お試しください。

コメント

  1. たけ@ より:

    自分のiPhone6もiOS 8.2のアップデート後
    Safariを起動しようとすると長い時間固まる様になりました。
    上に書いてある解決策なども試してはみましたが
    やはりSafariを起動する時に固まってしまいます。
    他の解決策などはないでしょうか?

    • r.s より:

      私のiPhone6も同じような状況で上の手順をやってもかえって悪くなりましたが、一度機内モードに切り替えてやると少し改善されました。保証は出来ませんが一度やってみてはいかがでしょうか?

  2. とほほ より:

    私の場合は、safariで固まり、電源まで落ち、以後リンゴマークのまま止まってしまいました。
    復元から戻しても同じでどうしようもないので、
    きれいさっぱり、初期化しまっさらにしないと動きませんでした。まったく致命的なバクです

    • とほほ より:

      セット交換してもらいました。
      8.12が入ってたので当分アップしないことにします

  3. shuzo より:

    iPhone5ですが、iOS8.2にアップデート後Safari起動後にページを読み込む段階で止まってしまいます。対処法を試しましたが改善されませんでした。某ゲームでLINE募集する際にSafariを経由するのでLINE募集が出来ません。早くなんとかしてほしいです。

  4. もこもこ。 より:

    本日アップデートした所、Safariが開けなくなりました。上記の対策を取っても解決出来ず、リセットしましたが状況は変わりません。早期、修正版のリリースをして欲しいです!アップデートしなければ良かった、、、、、、

  5. なおなお より:

    設定 ー サファリ ー 履歴とWebサイトデータを消去

    で改善しました