Xperia Z5シリーズで新たな不具合。勝手に再起動後に指紋認証データが消える

201512011159

Xperia Z5、Z5 Compact、Z5 PremiumでXperiaシリーズ初搭載となった指紋認証機能。

認証に頻繁失敗する、指紋の再登録ができないなど、なにかと精度についての不満の声が多いこの機能ですが、この機能に絡む別の不具合が発生しているようです。

具体的には、登録してある指紋認証のデータが消える、というもの。

また、発生条件としてはスリープ中に端末がフリーズする「スリープ死」、あるいはロック解除直後のフリーズで画面が暗転し、強制終了後にデータが消えるというケースが多い模様。

それほど発生範囲が広いわけではないようですが、公式フォラム2ちゃんねる、Twitter上などで複数の報告が挙がっています。

どうも、フリーズからの強制再起動がトリガーになっているようですね。

以前もお伝えした勝手に再起動問題は国内・海外ですべてのXperia Z5シリーズで報告が挙がっています。

ただ、この再起動問題に関しては特に発生条件に一貫性はなく、スリープ中やロック解除直後や使用中など様々です。

ただ、共通点としてはフリーズ後、画面が真っ暗で赤ランプが点灯するという点。

そのまま操作不能となり、電源ボタンとボリュームボタンの強制再起動をしなければいけなくなるという現象です。

そういえば最近、Z5で指紋認証で「失敗」ではなく、センサー自体がまったく反応しなくなるという報告をチラホラ見かけます。

ひょとするとこの現象も指紋認証データの消失によるものなのかもしれませんね。

指紋認証の精度の良し悪しは個人差・個体差があるので難しい問題ですが、データが勝手に消えるというのは再現性さえあれば完全に不具合です。

今後、報告が増えていく可能性もあるので要注意ですね。