iPhone 11では懐かしの虹色リンゴロゴ復活、ただし「控え目」なカラーに

来月発表・リリース予定の2019年版の新型iPhone

3モデル展開となることがすでに確定しており、複数ソースからかなり鮮明なレンダリング画像も多数リークされています。

ただ、微妙の質感や仕上げについてはまだ不明な点も多く、一部では背面がマット加工されるという情報もでてきました。

そんな中、今度はこの、このiPhone 11シリーズのロゴ、リンゴマークについてちょっと興味深い情報がでてきました。

phoneArenaが伝えたもので、これによるとこの新型iPhoneの裏面に刻印されるアップルロゴは以前の噂通り「レインボーカラー」になる、とのこと。

ただ、上の画像にあるような昔のアップルのロゴ風のカラフルなものではなく、Galaxy Note 10の新色、Aurora Glowのような「控え目」な虹色になるとのこと。

要はHuaweiの複数機種である見る角度、光の当たり方によって色が変わるようなカラーリングではないでしょうか。

なお、蛇足になりますがこの2019年版iPhoneシリーズのネーミングおよび位置づけこれまでの情報を総合的にみると、以下のようになる模様:

iPhone XSの後継機→iPhone 11 Pro

iPhone XS Maxの後継機→iPhone 11 Pro Max

iPhone XRの後継機→iPhone 11

つまり、今まで「廉価版」とされてきたXRが普通のレギュラー「iPhone」という位置づけになる、ということのようです。