Galaxy Note 10+のベンチスコアがスゴイ、Exynos 9825搭載版はなんと44万点超え!

先日正式発表され、今月23日に発売となるサムスンの新型Galaxyフラッグシップ、Galaxy Note 10およびNote 10+。

この最新GalaxyのAntutuにおけるベンチマークスコアが掲載されていました。

Galaxy Note 10+はSD855搭載版とExynos 9825搭載版が存在し、これは後者のもの。

なんと44万ポイントを超えるスコアで、これは既存機種ではダントツトップ。

Xperia 1やGalaxy S10シリーズなど、SD855搭載機種のAntuttuベンチマークスコアは平均で35万ポイント前後、良くても30万点台後半といった感じ。

一方、Galaxy S10やS10+のグローバルモデルに搭載されているExynos 9820のスコアはもっと低く、30万点台前半が平均ちといった感じ。

よって、このExynos 9825搭載のGalaxy Note 10+のベンチスコア上の性能はSD855搭載機と比べて2割前後、Exynos 9820搭載機と比較して3割程度も優秀、ということに。

Exynos 9825はあくまでExynos 9820のマイナーアップグレード・チップと聞いていましたが、これだけ性能に違いが出るとなると次世代チップ、といった感じですね。

ただ、Exynos搭載のGalaxyが国内でリリースされる可能性は極めて低いので、秋冬モデルとしてドコモやauからリリースされるであろうGalaxy Note 10もしくはNote 10+は残念ながらSD855搭載版になると思われます。

コメント

  1. null より:

    antutuの新しいバージョンが出たから点数がかわっただけ。

  2. ahn より:

    でも、肝心のゲームではスナドラに劣るんじゃ意味ない

  3. Xperia1使い より:

    nullさん
    手元のXperia1でantutuをまわしてみましたが、スコアが上昇することはありませんでした(というかむしろ下がりました、ストレージ残量が少ないのが原因でしょうか)
    よって、antutuバージョンアップの影響はほとんど無いと考えられます。

  4. a より:

    antutu v8ではSDM855が良くて45万点前後、Exynos9820は頑張っても41万程度なので妥当な性能だと思います。