最近のバッテリー異常消費・発熱、原因は「開発者サービス」のアプデ、電池持ち悪化の報告多数

国内外のAndroid OS搭載スマートフォンでGoogle Play開発者サービス起因と思われるバッテリーの異常消費や異常発熱といった不具合が広範囲で発生している模様です。

Android Policeが伝えたもので、これによると、Google Play開発者サービスを7月末から8月初めにかけて提供されたバージョン、18.3.82へアップデートをすると急に電池消費が激しくなる、とうもの。

同サイトによると、このバージョンの開発者サービスをインストールした端末ではスタンバイ時のバッテリー消費が多く、使用状況をみると15~20%くらいのバッテリー消費を占めることが多い模様。

また、ちょっと調べてみたところ、確かに国内でもここ何日かでバッテリー持ちが急に悪くなった、といった同様の問題報告が増加しているようです。

国内ではXperiaやAQUOSユーザーからの報告が目立ちますが、おそらくこれはユーザー数の比率の問題で、メーカーやOSバージョンは無関係だと思われます。

なおこの問題、Android Policeが報じているのでかなり発生範囲も広く状況も深刻な可能性があります。

Google Play開発者サービスが原因と思われる発熱やバッテリー以上消費は過去にも幾度となくありました。

ただ、ここしばらくは割と問題が少なかったという印象ですが、やはり年に1度くらいは発生する問題といった感じですね。

ちなみにこの発熱・異常バッテリー消費はアプリ→Google Play開発者サービスでキャッシュを削除することで幾分か改善するという報告も。

また、無効化→有効化あるいはアップデートのアンインストールでバージョンを古いものに戻すという方法も紹介されています。

ただ、この方法はしばらくすると自動的に最新版にアップデートされていますので、恒久的な改善方法とは言えません。

ソース

コメント

  1. arrows man より:

    F-01Jですが今の所問題はありません。
    ただ、昨年のAndroid 8.1バージョンアップ後から開発者サービスの無効化が出来なくなりました。