Xperia 20はかなり安く?スペックと価格が判明か、3500mAhの大容量バッテリー、SD710搭載

次期Xperia、と言えば9月初めのIFA 2019で正式発表、そして国内では秋冬モデルとしてのリリースが確実視されている仮称「Xperia 2」が話題の中心。

ただ、この「Xperia 2」とほぼ同時期にレンダリング画像がリークされた機種としてミッドレンジの「Xperia 20」も存在が確実となっています。

そして今回、このXperia 20のフルスペックが判明した模様です。

Xperia 20のスペック:

・ディスプレイ:6インチ、2520×1080 (FHD+)、21:9、LCD、457ppi

・スクリーン対ボディー比率:77.31%

・CPU:Snapdragon 710 (SD710)、オクタコア、2.2GHz

・メモリ:4GB RAM

・メインカメラ:12MP+12MP デュアルカメラ

・フロントカメラ:8MP

・OS: Android 9

・USB Type-C

・イヤフォンジャック:あり

・カラー:ブラック

・サイズ:158 x 69 x 8.1mm

・ストレージ容量:64GB

・microSDカード(最大2TB)

・バッテリー容量:3500mAh

この情報はpricebabaというインドのオンラインストアに掲載されていたもので、信ぴょう性は不明ながらサイト自体は結構大手の模様。

また、Xperia 20のスペックについては過去にも噂レベルのリークがあり、今回のものはこれとほぼ一致しています。

ただ、バッテリー容量の情報がリークされたのは今回が初めて。

3500mAhという容量は他メーカーの機種と比較すると「あたりまえ」ですが、Xperiaとしてはかなり大容量。

6インチのXperia 10が2870mAh、6.5インチのXperia 10 Plusが3000mAhだったので、前モデルから容量大幅アップ、ということに。

また、6.5インチのXperia 1よりも容量の大きいバッテリーを搭載、ということになります。

ちなみにこのXperia 20、縦横のサイズがXperia 10よりも若干大きくなっていますが、これはバッテリー容量を増やしたことが理由かもしれませんね。

また、興味深いのは価格

予想価格ではありますが、24,990インド・ルピ(約3.8万円)となっており、これはXperia 10の28,99ルピーと比べても約2割も安くなっています。

半年前の機種とはいえ、SD710を搭載してこの価格、というのはちょっと信じがたいですが、もしこの価格レンジでリリースされればこの新型Xperia、かなりお買い得な機種になりそう。

Xperia 20は指紋センサーと電源ボタンが兼用となっていることから、アメリカでの発売、もしくはグローバルに展開はされないことがほぼ確実となっており、一部では日本国内の秋冬モデルとしてのみリリースとも言われています。

コメント

  1. 名無しさん より:

    このスペックで300ドル台後半なら特筆するほど安くはないでしょ
    200ドル台だったら試しに買ってみるかと思うけど、400ドル近いんじゃ値段の点ではごく普通