次期Xperiaのコンパクトモデルは「Xperia P」サイズの5インチ超小型スマホに(噂)

Xperia 1に続く2019年版次期Xperiaフラッグシップ、と言えばIFAでの発表および国内での2019秋冬モデルとしてのリリースがほぼ確実な「Xperia 2」。

一方で、ソニーが新型の「コンパクトXperia」を開発中であるという情報が有名リーカーなどから出てきており、これが6インチ前後と言われているXperia 2を指すのか、それとも全くの別モデルを指すのかが判然としない状況。

そんな中、この次期コンパクトXperiaのサイズおよび位置づけについて興味深い情報が発見されました。

イタリア系ガジェットサイトのコメント欄に投稿されていたもの。

これによると、次期XperiaのコンパクトモデルはXperia Pと同じくらいのサイズでディスプレイは5インチに。”Xperia 2″はXperia 1よりも小さいが本当のコンパクトモデルはない。

Xperia Pとは2012年にソニーが海外でリリースした小型モデル。

Xperia Pのサイズは122 x59.5×10.5mmで、Xperia XZ2 Compact (135 x 65 x 12.1 mm)などと比べてもかなり小型のモデルです。

上の図はおそらくそのXperia Pの端末サイズとXperia XZ2 Compactを比較したものだとおもわれます。

ただ、”Xperia ?”の方はベゼルがかなり細く、ディスプレイサイズはXperia XZ2 Compactとほぼ同じ、つまり5インチ程度になっているのがわかります。

情報の信ぴょう性は全くの不明ですが、なかなか興味深い情報。

また、これが本当だとすれば、Zackbucks氏のいう次期コンパクトXperiaは”Xperia 2”とは別物、ということに。

というのも、今までのコンセンサスではコンパクトサイズの次期Xperiaは本体サイズは従来サイズを維持して画面サイズを大きくする、と思われていました。

が、今回の情報ではこれがある意味「逆」で、画面サイズを従来と同じ(5インチ)にして、ベゼルを削ることで端末サイズを小型化する、というコンセプトのようですね。

ここ最近のスマートフォンのディスプレイは大型化する一方で逆に5インチ程度のスクリーンを搭載した機種というのはほぼ皆無の状態。

そういった意味で、最近では「超小型」ともいえる5インチスマートフォン、というのはそれなりに需要があるような気もします。

コメント

  1. ug より:

    こういうのでいいんだよ。
    いや寧ろこれがいい。。

  2. n より:

    これが噂で終わらないことを祈る…
    やっと買い替えられる……

  3. なんで より:

    こんなん出たら即買いやぞ…

  4. GS より:

    いつも拝見させていただいておりますm(_ _)m
    このくらいのサイズのXPERIAならスペック云々関係なしに絶対買い換えます!
    やはりコンパクトモデルは絶対需要ありますよねー

  5. xperia好き より:

    かなり期待!したいけどこのリークした人の情報信頼度がどれくらいなのか分からないから眉唾くらいに思ってよう。