ASUS Zenfone 6で基盤故障が原因のフリーズや再起動不具合が発覚、最新アプデ後に

ASUSの新型Zenfone、Asus Zenfone 6。

Zenfoneシリーズとしては久々のヒット作のようで、すでにリリースされている国では品薄状態が続いている模様です。

国内でも今月後半に発表がほぼ確実、そしておそらく遅くとも9月中にはリリースされるであろうこのZenfone 6ですが、ちょっと気になる不具合・欠陥報告がでてきました。

具体的には同社がZenfone 6向けに最近リリースした最新ハードウェアバージョン、16.1220.1906.167にアップデート後、端末がフリーズ、再起動、アプリの突然の強制終了を繰り返すといった不具合。

この問題、ASUS側も公式に認めており、このソフトウェアアップデートが「トリガー」となっていることは確実な模様です。

The .167 update triggered a motherboard malfunction which only some units have had and it’s natural that their owners find their way here.

この一連の不具合は一部でのみ発生しているとのことですが、その範囲は明らかにされておらず、マザーボード(基盤)の故障が原因とのこと。

一方、ソフトウェア・アップデート自体がハードウェアにダメージを与えたのか、それとも元々あったハードウェア欠陥がソフトウェアアップデートで顕在化したのかははっきりしません。

いずれにせよ、ソフト的な改善・修正は不可能とのことなので、修理対応が必要になるようです。

ただ、もしこれがもとから存在する基盤の欠陥が原因だとすると、今後のリリース予定にも影響が出る可能性もありそうです。

コメント

  1. ああああ より:

    基盤ではなく、基板じゃないでしょうか?