新型Xperia「Xperia 2」の正体は「Xperia 1c」か、「片手操作可能なコンパクトモデル」がIFAでリリース発表

Xperia 1に続く2019年版の新型Xperiaフラッグシップ。

今のところ、約6.1インチのレギュラーフラッグシップ、通称「Xperia 2」の秋冬モデルとしてのリリースは確定路線として、その他にも5Gモデルやフォルダブル、そしてコンパクトモデルが存在との可能性まででてきています。

そんな中、有名リーカーのZackbucks氏がIFA発表の新型Xperiaラインナップについて興味深い情報を投稿していました。

内容としてはIFAでXperia XZ2 Compactに代わる片手操作可能な新型コンパクトモデルが発表されることを示唆しています。

同氏は1週間ほど前にもソニーがコンパクトサイズの新型Xperiaフラッグシップを開発中、という情報をリークしており、おそらく今回もこのモデルを指していると思われます。

となると、IFA2019では少なくともXperia 2こと新型レギュラーフラッグシップと、コンパクト・フラッグシップ(Xperia 2 Compact?)の2モデルが発表ということに。

ただ、これについてはちょっと気になる点もあります。

というのも、すでにレンダリング画像がリークされている「Xperia 2」こと次期Xperiaフラッグシップは約6.1インチの端末サイズは158 x 68.3 x 8.3 mmと言われています。

Xperia XZ2 Compactの端末サイズが135 x 65 x 12.1 mmなのでこのXperia 2のサイズは横幅的にはコンパクトモデル並み、とも言えます。

となると、ここでZackbucks氏が言う「片手操作可能な新型コンパクトXperia」というのはひょっとするとこの「Xperia 2」を指している、という可能性もあるような気がしてきました。

もしかしてこのXperia 2は以前どこかで噂があったようにXperia 2といった次世代ではなく、Xperia 1の小型版派生機種、Xperia 1 CompactやXperia 1c、Xperia 1sといった位置づけでのリリース、ということもありそうですね。

コメント

  1. 笑福亭セブン より:

    何で京セラにハイグレードモデルがないのか?敬老向けモデルに徹しますか?
    未だにアナログ携帯を離そうとしない昭和前半の頑固者の為に使いやすいガラフォー開発してやれよ