Mate 30 Proはスマホ史上最大1/1.5″センサー搭載、40PMカメラを2基搭載か

ファーウェイが秋から冬にかけて発表、リリースする予定の次期フラッグシップモデル、Huawei Mate 30シリーズ。

この上位機種となるHuawei Mate 30 Proはクアッドカメラ仕様となることがほぼ確定していますが、今回、このカメラ周りのスペックについて一歩踏み込んだ新情報がでてきました。

この投稿によると、Mate 30 Proに搭載されるメインカメラ4つのうち、2つは40MPとなる。

さらにその40MPカメラの一つは1/1.5インチセンサーを内蔵しF値はf/1.6 – f/1.4とのこと。

また、もう一つの40MPカメラについては1/1.7インチの120°超広角レンズを搭載する模様です。

私が知っている限り、既存機種で一番大きいセンサーを搭載しているのはHuawei P20の1/1.7インチ。

また、Xperia 2こと次期Xperiaが1/1.7インチの新型カメラセンサーを搭載するという情報がでてきていますが、これが事実だとしてもこのMate 30 Proに搭載されるセンサーはこれよりもさらに大きいセンサー、ということに。

さらに、40MP以上の高画素数カメラを2基搭載しているスマートフォン、というのも既存機種では存在しないはず。

このMate 30 Pro、少なくともカメラ周りについては化け物スペックとなりそうな雰囲気ですね。