2020年の新型iPhoneは4モデル展開、3モデルが5G対応、2モデルがToFセンサー搭載

毎年9月に発表される新型iPhone

今年、2019年モデルについてはすでに詳細なレンダリング画像もリークされ、ラインナップは昨年のiPhone Xs、iPhone Xs Max、iPhone XRのそれぞれの後継モデルとなることが確実視されています。

そんな中、来年、2020年版のiPhoneについての新情報がでてきました。

米メディア、CNBCが伝えたもので、これによると2020年版iPhoneは4モデルがリリースされ、うち、3モデルは5.4、6.1、6.7インチのOLEDを搭載、残りの1モデルは廉価版に。

また、OLEDの3モデルは5G通信に対応になる模様です。

さらにこれら3モデルのうち2モデルは、ToFセンサーを搭載するとのこと。

2020年版iPhoneは順当にいけばiPhone XIsもしくはiPhone XIIシリーズになると思われますが、今夏の情報からすると:

廉価版はRシリーズ、2モデルはiPhone XI/iPhone XI Maxの後継機、という感じ。

となると残る1モデルがどういった位置づけになるのかが気になるところですね。