Xperia 1の「瞳AF」、動物対応にはアップグレードされず、次期Xperiaで実装か

ソニーモバイルの新型Xperiaフラッグシップ、Xperia 1。

Xperia初のトリプルカメラ搭載など、ハード的な変化もさながら、ソフト面でも旧モデルからいろんな面で一新されています。

そんなXperia 1で搭載された新機能として注目されているものの一つが「瞳AF」機能。

人物撮影をするときに人の目を自動追跡して自動フォーカスをする、という機能で、ソニーのαカメラシリーズから移植された新技術です。

一方、ソニーのαシリーズの一部機種ではこの瞳AFが人だけでなく動物にも対応(動物瞳AF)しているものがあり、Xperia 1でも同機能がアップグレード搭載される可能性が指摘されていました。

そんな中、有名リーカーのZackbucks氏がこれについて新情報を投稿していました。

瞳AFの動物対応機能は現在テスト中ながらXperia 1はアップグレードされない、といったニュアンスになると思います。

ただ、この書き方だと、Xperia 1以降の機種では同機能が搭載される可能性がある、とも受け取れます。

Xperia 2」こと次期Xperiaフラッグシップについてはすでにトリプルカメラが搭載されることが判明していますが、レンズやセンサーがXperia 1と同じものになるかは不明。

一方、人物瞳AFと動物瞳AFの間でどのようなハード的な要件の違いがあるのかは不明ですが、ソニーのαシリーズでは旧モデルでものちに動物瞳AFをアップグレード搭載したものもある模様。

ただXperia 1が動物瞳AFを非搭載で”Xperia 2″こと次期Xperia以降の機種では搭載、となると両者の間には何らかのハード的なカメラスペックの違いがある、ということになります。

コメント

  1. 🤔 より:

    ハード的なではなくソフトウェア的な、では。

  2. 京都バナナ より:

    こんにちは。

    「Xperia1会不会升级得到呢?」なので、「Xperia1はアップグレードされるだろうか?」という意味になると思います。まだXperia1がアップグレードされる可能性もあるかと…

  3. arrows man より:

    どれだけ機能が進化しても、完全にカメラが要らなくなる時代が来るのは当分無さそうな気がします。

  4. がんばれ日本メーカー より:

    そんな機能に時間と開発資金を
    使って欲しくない・・・