次期Xperia、Xperia 2と5G版Xperia 1か、「J82XX」と「J80XX」の2モデルが公式確認

ドコモ、au、ソフトバンクから2019年夏モデルとして展開されているXperia 1。

この後継機・後続機については”Xperia 2″や”‘Xperia 1s”、”Xperia 1v”など機種名、そしてその位置づけについて(グローバル/日本専用モデル、など)様々な噂・推測が飛び交っている状態です。

一方で、複数のソースでコード名などが確認され、少なくとも2~3モデルのSD855搭載機種がリリース予定となっていることがほぼ確実。

そんな中、この次期Xperiaと思われるフラッグシップモデル、2モデルの存在がソニーのUaprof上で初めて公式確認されました。

今回発見されたのはJ8210、J8270、J9210、J8010の4つの型番

最初の3つの型番、J82XX/J92XXは同一機種でシングル/デュアルSIM版だと思われます。

なお、このモデルは3つの型番が存在することからグローバル展開される次期Xperiaフラッグシップ、通称「Xperia 2」、あるいはXperia 1?ではないかと思われます。

一方、ディスプレイ解像度は1920×1080と16:9のFHDとなっていますが、Uaprof上の解像度は”仮”であることが多く、のちに変更されることが多いです。

ただ、4KディスプレイのXperia 1(J81XX/J91XX)がUaprof上で初めて発見されたときは2880×1440で、のちに3840×1644に変更されました。

そう考えると、このXperia2ことJ82XX/J92XXは変更後もXperia 1よりも低い解像度、WQHD+もしくはFHD+になる可能性が高いと思われます。

一方、謎が多いのはもう一つのJ8010で、他にJ80XXもしくはJ90XXは存在しません。(いまのところは)

また、J80XXは型番的にはXperia 1のJ81XXよりも早く開発が開始されているはず。

ちなみにTwitter上に投稿されていた情報によると、J80XXおよびJ89XXの5G通信対応モデルの新型Xperiaがコード名とともに発見されているとのこと。

型番が一つでXperia 1より若い、ディスプレイ解像度がXperia 1と同じ、そして上記のTwitter情報からして、このJ8010はXperia 1とほぼ同時に開発が始まった地域限定のXperia 1の5G版モデル、という可能性が高そうです。

コメント

  1. がみ より:

    縦長嫌い。2880×1440くらいが丁度よい。