世界初5G対応ミッドレンジ+巨大スクリーン、Galaxy Rシリーズが生産中

既存最新Galaxyと言えば、国内でもドコモ、auの夏モデルとして展開されているGalaxy S10/S10+、次期フラッグシップと言えば8月に発表、国内では秋冬モデルとして発売されるだろうGalaxy Note 10が話題の中心。

しかし、今回、サムスンが新型ミッドレンジGalaxyとして新シリーズを開発中であることが明らかになりました。

ミッドレンジモデルも超有名リーカーのOnleaks氏が伝えたものでこれによると:

・一般的にGalaxy A90と呼ばれている新型GalaxyはGalaxy Rシリーズとしてリリース

・2モデルがすでに生産中、次世代通信規格5Gに対応する

・両モデルととも巨大なディスプレイを搭載でトリプルカメラ仕様

・2モデルのうち少なくとも1モデルは5G通信に対応、もう一モデルとは「ユニークな」カメラ機能を搭載

Galaxyのミッドレンジシリーズは昨年くらい?からAX0というA+二桁数字という命名規則を使っていますが、今回のミッドレンジはこれからは外れる、つまり新シリーズのことのようですね。

また、ミッドレンジ機種で5G通信対応モデルはまだ存在せず、このGalaxy Rは世界初になるという事になりそう。

ちなみにQualcommのSnapdragonシリーズでは今のところ5G通信対応のミッドレンジ向けチップのリリースが近い、という話は聞かないので、おそらくサムスンの自社製チップ、Exynosを相殺すると思い割れます。