Xperia 1は7年ぶりの名機、Xperia史上最高の評価に

ソニーモバイルの新型Xperiaフラッグシップ、Xperia 1

6月14日にドコモ、au、ソフトバンクの2019年夏新作として発売され、リリースから約1週間がたちました。

国内版・海外版でも細かな不具合・バグ報告はちらほらと出てきていますが、全体的な評価は上々といった感じで、特に

以下はXperia 1と過去にドコモからリリースされたXperiaを満足度順に並べたもの。

まだ評価数自体が比較的少ないので今後変わっていく可能性はありますが、現時点での満足度は4.76ポイント。

過去最高の評価で2013年のコンパクトXperiaモデル、Xperia Z1 f以来の約7年ぶりに評価を塗り替えたという事になります。

一方で、7年前と今ではユーザー層もスマートフォンに求めるものは異なる可能性もあり、一概に同列に比較するのにはちょっと無理があるかもしれません。

というわけで、最近の機種との比較として、以下はここ数世代のドコモ版Xperiaをリリース順に並べたもの。

ここ数年のモデルと比較するとやはりXperia 1の評価はダントツといった感じで、特に前モデル、XPeria XZ3との差は歴然。

これは明らかに誤差の範囲を超えた違いだと思われ、少なくともこのXperia 1がXperiaとしてかなりの「名機」であることは間違いなさそうです。

また、このXperia 1、他メーカー機種も含めたここ1年間の価格.comの評価でもGalaxy Note9 SCV40 auに次ぐ堂々の2位となっています。

内訳をみると特に「デザイン」の評価が良く(1位)となっていますが、それ以外は特に突出して優秀というわけではない模様です。

ただ、これは見方によってはバランスが良い機種とも言えそうで、この感じだと「Xperia 2」こと次期Xperiaもかなり期待ができそうですね。

コメント

  1. ななし より:

    価格.comは信者多いからな
    特にソニーとファーウェイ
    ギャラクシーは意外と少ない

  2. マナベス より:

    でもキャリアモデルは「キャリアの意向」というゴミみたいな理由でダウングレードしてるせいで、フラッグシップモデル唯一の今更64GB(笑)というお粗末な端末なんだよね。
    そこだけが残念で仕方ない。

  3. がみ より:

    日本人はXperiaに対して思い入れがありますからね。海外のレビュー・評価の方に関心があります。

  4. 名無し より:

    XZPも最初はこれくらいだった気がする。

  5.   より:

    時期尚早。半年後の結果で語って欲しい。

  6. そそそそソニー より:

    Z3も名器とされているし、
    XZ Premiumも発売当初は★5に近い評価だったし、
    さらには評判のよろしくないあのXZ2 Premiumですらかなり★は高かった。

    発売当初のレビューなんてほとんどあてにならない。