速報!Huawei、既存14機種のAndroid Qへのアップデートを発表、P30シリーズなど

米禁輸令によりAndroid OSアップデートやGoogle系アプリ、サービスの将来的な使用が危ぶまれているHuawei製スマートフォン。

国内でもこれを心配して購入をキャンセル、あるいは様子見をしている、というユーザーも多いようですね。

しかし今回、ファーウェイがAndroid Q (EMUI 10)にアップデートされる既存機種14モデルを明らかにした模様です。

GSMArenaが伝えたもので、Android Qへのアップデートされる機種は:

Huawei P30 Pro
Huawei P30
Huawei P30 Lite
Huawei Mate 20 Pro
Huawei Mate 20
Huawei Mate 20X 5G
Huawei P20 Pro
Huawei P20
Huawei P Smart 2019
Huawei P Smart+ 2019
Huawei P Smart Z
Honor 20 lite

Honor 20
Honor 20 Pro)

最新のHuawei P30 Pro、P30、P30 Liteもリストに入っており、これらがAndroid Qまでアップデートされることが確実となれば国内でも購入者が一気に増えそう。

また、ドコモはP30 Pro、P30 Liteのリリースを見合わせているようですが、今回でひょっとすると一気に発売に動くということもありそうです。

米政府による禁輸措置の猶予期限は8月の中旬だったはず。

一方、Android QがPixelシリーズ向けに正式リリースされるのは早くても8月中。

他メーカーの機種は通常はこれよりだいぶ遅れる(例外もありますが)ので、この時期までにこれらすべてのHuawei機種にAndroid Qを提供できるとは思えません。

そうなると、HuaweiあるいはGoogleと米政府の間で何らかのディールが成立した、という可能性もありそうです。

なお、Android Q以降、つまりAndroid 11以降については不明ですが、いずれにせよ、ファーウェイのミッドレンジ機種のOSアップデートは1度、というケースが多いので、そういった意味でその後についてはあまり関係ないような気もします。

ただ、国内では昨年末にリリースされたMate 20 Liteがリストに入っておらず、残念ながら同機種はアプデ対象外となるようです。

追記:先ほど、ファーウェイのTwitter公式アカウントが以下の投稿をしていました:

これにより、少なくともMate 20 ProおよびP30シリーズについてはAndroid Qアップデートの提供が確実になったといってよいと思います。