Huaweiスマホ、今後2年間に人気アプリが使えなくなったら全額返金を保証か

Huaweiスマホ、今後2年間に人気アプリが使えなくなったら全額返金を約束

米政府による禁輸措置でピンチに立たされているファーウェイのスマートフォン事業。

すでにかなり売り上げが落ち込んでいるようで、世界第二位のスマートフォンメーカーとしての地位が揺らぎ始めているようです。

なかでもAndroid OSのアップデートおよびPlayストア、Google系アプリの使用ができなくなる可能性についてはかなり現実味を帯びてきているという印象。

そんな中、ファーウェイが同社のスマートフォンのセールス挽回に向けかなり大胆な戦略を打ち出した模様です。

WinFutureが伝えたもので、これによるとファーウェイはフィリピンで販売する機種に対して条件付きの2年間全額返金を保証したとのこと。

具体的には同社は今後、FacebookやGmail、Youtubeといった「人気アプリ」が今後2年間で使用不可、あるいはアップデート不可になったら端末代金を全額返金する、とのこと。

Wie örtliche Medien von den Philippinen berichten, hat Huawei dort in Zusammenarbeit mit einer Reihe von großen Händlern ein sogenanntes “Full-Refund”-Programm gestartet, bei dem man den Kunden verspricht, dass sie ihr Geld zurückerhalten, wenn viel genutzte Apps von amerikanischen Anbietern in Folge des US-Embargos gegen Huawei nicht mehr aktualisiert werden sollten.

今のところ、この返金プログラムが適用されているのはフィリピンで販売されているファーウェイ・スマホのみですが、今後その他の国・地域にも広がる可能性がありそうですね。

また、単なるアプリの使用不可ならともかく、アップデートサポートが中断されても補償対象というのはかなり思い切った戦略。

というのも、一部ゲームなどを除き、アプリは最新バージョンにアップデートをしなくてもしばらくは使用可能なものがほとんど。

一方で、3か月の猶予期間切れの8月にアップデートサポート自体が終了する可能性はかなり高くなってきており、これすらも保証対象にするというのは結構リスクが高いような気がします。

ひょっとするとファーウェイ側でGoogleサービス・アプリの使用が継続可能となる目途でもたたのでしょうか。

ちなみにSIMフリー、MVNOからリリースされている国内向けP30 Liteは徐々に売れてきているという印象。

ただ、やはり前モデルのP20 Liteほどの勢いはないという感じで、これ、国内でも同様の保証をすればP30 Pro/P30 Liteなども安心して買えるんですけどね。