Xperia 1で電話アプリが落ちる「低次元な」不具合の報告

ソニーモバイルの新型Xperiaフラッグシップ、Xperia 1。

ドコモ、au、ソフトバンクの2019年夏モデル新作としてリリースされ、少なくともここ数世代の新型Xperiaフラッグシップとしては最も注目度が高い、という印象。(売り上げはどうかわかりませんが)

そんなXperia 1ですが、公式フォラム上にちょっと気になる不具合報告が上がっていました。

端的に言うと、プリインストールされている純正の電話アプリが落ちる、というもの。

この不具合の報告者あの有名リーカー、Zakbucks氏。

「こんな低次元な不具合がでてくるとは、ソニーの品質テストはどうなっているんだ?」といったニュアンスの珍しく厳しい口調でコメントが書き込まれています。

スマートフォンでの通話は少なくなってきているとは言われていますが、確かに電話アプリと言えば携帯電話のもっとも基本的な機能の一つ。

これが落ちて使えない、というのは携帯電話として機能しない、ということにも。

ちなみにざっと見た限り、今のとこと国内キャリア版のXperia 1で電話アプリがクラッシュする、といった報告は見当たりません。

ただ、この通話アプリに関しては海外版も日本版も同じものが搭載されているはずなので、今後国内ユーザーからも報告が出てくる可能性もあると思います。

コメント

  1. バカ より:

    通話アプリは海外のsimフリーと日本のキャリアアプリとは違うと思います。
    キャリアは各々独自で試験しているから発売も遅くなっているのではないかと思います。
    海外のいい加減なリーカーの垂れ込みを適当におおげさに取り上げる前にちゃんと確認してはどうかとかんじます。

  2. 前田 守 より:

    X1買って2日目ですが、全然そういう不具合は無いなぁ、その他の不具合も無い(笑)

  3. 予約いっぱいで次回入荷待ち より:

    クラッシュした、だけじゃあなんとも・・・
    発生頻度や、同時に起動していた他のアプリ、回線状況、外乱要素はいくらでもある。
    ところで、クラッシュしたら相手はどうなるんだろう。
    突然通話が切れた、みたいな状態になるのかな。