「Xperia 2」ではないイヤフォンジャック付き次期XperiaフラッグシップがFCC通過

新型Xperia、と言えば国内でも6月中旬に夏モデルとしてドコモ、au、ソフトバンクからリリース予定のXperia 1が話題の中心。

すでにイギリスなどでは手元に届いた、というユーザーもいるようで、今のところこれといった不具合報告などもなく評判はまずまず、といった感じではないでしょうか。

そんな中、このXperia 1の後継機、あるいは後続機と思われる未発表XperiaがFCC認証を通過していました。

PY7-48130KというFCC IDで新型Xperiaのものであることは確かだと思われます。

これ、最初は先日Onleaks氏がレンダリング画像をリークした”Xperia 2”こと次期Xperiaかとも思ったのですが、この通称”Xperia 2”のレンダリング画像をよく見るとSIM/microSDスロットは端末左側面に搭載されていることが判明。

一方、今回のものはXperia 1やXperia XZ3といったここ最近のハイエンドモデル同様に右上側面にSIMスロットが配置されています。
(ちなみに最近のXperiaでこの位置にSIMスロットが搭載されているのはハイエンドだけ)

また、以下の図からしても今回のモデルはイヤフォンジャック搭載の模様で、”Xperia 2”とされる端末にはイヤフォンジャックは搭載されていないことが確認されています。

もちろん、名称自体はまだすべて推測の段階なので、この機種こそが”Xperia 2”という可能性もありますが、少なくとも先日Onleaks氏がリークした次期Xperiaとは別の機種、そしてハイエンドモデルである可能性が極めて高い、ということになります。

ちなみに以前より今年後半にはLCD+SD855搭載のフラッグシップがリリースされる、という噂がありますが、ひょっとしてこのXperiaなのかもしれません。

コメント

  1. 774 より:

    有機ELより液晶のほうが好きだから、もしこれが本当ならば良さそうな機種

  2. Android より:

    液晶、イヤホンジャック、レスでなく、きちんとベゼルをつける。
    普段使っていると古臭いがこちらの方が実用的。これで安ければ申し分なし。