Xperia 2のリリースは来年、フォルダブルの「Xperia F」と同時期リリースか

新型Xperia、と言えば国内でもキャリア夏モデルとして発売予定、海外では間もなくリリースとなるXperia 1。

その一方で、このXperia 1の後継・後続モデルへの関心も高いという印象です。

そんな中、mysmartpriceに次世代Xperiaについての興味深い記事がありました。

The report claims the Sony Xperia F will use Samsung’s flexible OLED display panel and will have the same 21:9 aspect ratio as the current Xperia 1 flagship smartphone. What remains to be seen is if the Xperia F will offer the same 4K Ultra HD resolution as the Xperia 1. Unsurprisingly, the foldable smartphone is tipped to have 5G connectivity as well. In addition to the Xperia F, the report suggests Sony will be launching the Xperia 2 flagship smartphone as well next year.

要点としては:

・ソニーは来年、サムスン製OLEDを搭載したフォルダブル・スマホ、”Xperia F”をリリース

・Xperia 1と同じ21:9アスペクト比となるが4K Ultra HDとなるかは不明。

・このXperiaは5G通信に対応。

・また、来年はこのXperia Fだけではなく次期フラッグシップ、Xperia 2もリリースされる

確かに先日、ソニーが来年リリース予定の折り畳み式Xperiaに搭載するOLEDディスプレイについてサムスンと交渉中、という噂レベルの情報はありました。

ただ、その情報ではこの”Xperia F”のアスペクト比は開いた状態で21:18、畳んだ状態で21:9になるとのことでした。

一方、今回はそのまま受け取るとXperia 1と同じ21:9比率っぽく、となるとシャープが先日プロトタイプを発表した縦開きタイプのフォルダブルで、畳んだ状態ではほぼ正方形のコンパクトな形状になる、ということなのかもしれません。

また、ちょっと気になるのは来年リリースとされている「Xperia 2」について。

先日、有名リーカーOnleaks氏が詳細な”Xperia 2″のレンダリング画像をリークしたのは記憶に新しいところで、この外観のモデルが秋冬にリリースされることはほぼ確実と言われています。

ということは、秋のIFA後にリリースされる次期Xperiaフラッグシップは”Xperia 2″ではなくXperia 1の派生機種、ということでしょうか。

そして来年の「Xperia 2」が「Xperia 1」の後継機種、といった感じになるのかもしれませんね。

コメント

  1. がんばれ日本メーカー より:

    タブレットクラスの大物を
    折り畳めたとしても
    重量はタブレットのまんまだし、
    スマホクラスの小物を
    わざわざ折り畳む必要性が
    いまひとつ解らない。
    向こうが透けるモニターが
    使用時に発色して表示出来るとかなら
    革新性を感じられるんだけどね。
    魅力的に感じられる個性を出すのは
    もう出尽くした感がある