ファーウェイ製スマホ、microSDも搭載不可に。SDアソシエーションからも排除

米国政府による禁輸令で揺れる中国のファーウェイ

国内でも夏モデルとしてリリース予定だったP30 Pro、P30、P30 Liteがほぼすべてのキャリア、MVNOで発売延期、あるいは未定になり、かなり厳しい状況となっています。

また、英国のARMは米政府の禁輸措置に対応するために、ファーウェイとの契約やサポートなどの停止をしたことで、Kirinチップの製造といったハード面でも困難に直面することに。

そして今回、それにさらに追い打ちをかけるような事実が判明した模様です。

以下はSD Associationという、SDメモリーカードに関連する技術の規格策定や標準化、普及促進などを目的として設立された団体の公式サイトのもので、その中のメンバー企業ページ。

上は数週間前、下は現時点のものですが、以前はHTCの下にあったHuaweiの企業名が削除されています。

これはおそらく同社がこのSDアソシエーションから除名されたことを意味すると思われます。

SDアソシエーションのサイトをみると、SD規格対応のホスト機器(携帯電話、カメラ、コンピュータなど)または周辺機器(アダプタ、SDIOカードなど)を企画・製造する場合の手続きとして、「SDアソシエーションと SDAMA(SDアソシエーション・メンバーシップ契約) を締結し、会員になる」とあるので、会員でない、ということはSDカード対応の機器を製造・販売できないということになります。

つまり、今後リリースされるファーウェイ製スマートフォンではmicroSDカードスロット自体が搭載されない、ということに。

(さすがに既存機種のmicroSD機能まで塞がれる、ということはないとは思いますが)

一方、Mate 20 ProやP30 Proでは「NMカード」と呼ばれる独自規格のメモリーカード・スロットも搭載していますが、実際に普及するにはまだまだといった感じ。

ましてやストレージ容量が比較的少ないミッドレンジではまだまだmicroSDカードスロットがなくなる気配はなく、microSDが使用できないというのもかなり致命的な問題。

今のところ、米国の措置に対して強気のファーウェイですが、Android OS、Kirinチップ、そしてmicroSDまで使用不可になったらさすがにきついでしょうね。

コメント

  1. そそそそソニー より:

    P30 ProはmicroSDではなく、NMカードでしょ。

  2. n より:

    1.ファーウェイそのものが元々人民解放軍のフロント企業として有名。批判を逃れる為に形だけ民営化を行ったが、信用してる関係者はいない

    2.他社技術盗用を推奨。産業スパイやバックドアが既に複数発見済み。幹部から下っ端まで逮捕者も続出

    3.中国に「企業文化」など一切ない。というか中国共産党の意向こそが唯一の基本方針

    4.社内人事体制が共産党と瓜二つ。民営化に際してもこの辺は全く変化が無かった

    5.「狼性文化」―狼のように悪辣な手口を惜しまない―で社員教育

    これがファーウェイの正体だってジャーナリストから辛辣に批判されてる状態だしな
    アメリカだって同じ様なもんだろ。日本だってトランプに狙われてるとリベラル系は批判するが、じゃあブルーチームのアメリカとレッドチームの中国どっちに付くんだお前?って話に結局なる

    灰色の部分が多い存在と灰色どころか完全に真っ黒な存在だったら当然前者を選択せざるを得ないわなぁ

  3. ひとて より:

    なんや、予めNMカードに移ったのってこれ先読みしてたんか笑笑

  4.   より:

    PSVITA状態

  5. Trump より:

    KirinチップはHiSilicon(中国のHuawei関連会社)が供給元だが、ARM(英国、ソフトバンク傘下)からライセンス・技術的協力が得られないことが問題。Kirinチップの供給が止められたわけではない。
    SDカードの次世代規格としてSamsungあたりが推進しているUFSカードがあるが…どうなるでしょうか

  6. とおりすがり より:

    そもそもARMからも切られてしまったとの報道がある。
    これは致命的