2019年版のHuawei P20 Lite 2019のスペック判明、前モデルから”大幅”アップグレード

ファーウェイが昨年リリースしたHuawei P20 Lite

リリース後の2018年後半は人気・売上ランキングでも常にトップ/上位をキープし同年の「大ヒットSIMフリーAndroid機種」と言っても過言ではないほどでした。

そして今回、この後継機?に相当するP20 Liteの2019年モデルのスペックがリークされていました。

Huawei P20 Lite 2019のスペック

・ディスプレイ:6.4インチ、LCD、2310 x 1080

・搭載OS: Android 9.0 EMUI 9.1

・メモリ:4GB RAM

・ストレージ:64/128GB

・リアカメラ:クアッドカメラ、24 MP (f/1.8), 8 MP, 2 MP, 2 MP

・フロントカメラ:16MP (f/2.2)

・バッテリー容量:4000mAh

・サイズ:159.1 x 75.9 x 8.3 mm

・重量:178グラム

P20 Liteに2019年版が存在する、という件は以前より知られており当サイトでも何度かお伝えしましたがスペックがリークされたのは今回が初めて。

今回の情報もP20 Lite 2019年版の存在を最初に伝えたRoland Quandt氏からのものですが、同氏は当初、このP20 Lite 2019はP20 Lite (2018)の”マイナー”アップグレード版になる、としていました。

が、今回それを訂正。前モデルからスペックが大幅に向上した”メジャーアップグレード”としています。

確かにメインカメラはデュアル→クアッド、ディスプレイは5.84→6.4インチ、バッテリー容量は3000mAh→4000mAhと、サイズもスペックもかなりアップしています。

ちなみにこの2019年版P20 Liteはヨーロッパの一部の国でリリースされる模様。

ちなみに国内ではP30 Liteがキャリア (au)やMVNOから夏モデルとしてリリースされることが確定しているので、このP20 Lite 2019がリリースされる可能性は低いと思われます。

ただ、ミッドレンジでクアッドカメラ搭載、という機種はまだほとんどないのである意味P30 Liteよりも魅力的かも。

一方、ヨーロッパではP30 Liteがすでに販売されていますが、一部ではP20 Lite 2019もリリースされる模様。

よって、日本でも一部MVNOなどからはP30 LiteではなくこのP20 Lite 2019をリリースという可能性もゼロではないような気がします。

ちなみに発売は数週間以内。価格は280~330ユーロ(約3.4万円~4万円)になるとのことです。