Xperia 1のカメラはやはりまだ「未完成」か、4K動画撮影でカクつく不具合の報告

ドコモ、au、ソフトバンクの夏モデル新作としてリリースされるソニーモバイルの新型Xperia、Xperia 1。

公式では3キャリアいずれも6月中旬、あるいは6月中旬以降の発売となっていますが、どうやら発売日は6月14日が濃厚のようですね。

さて、発売までまだ1か月近くあるXperia 1ですが、すでに多くのショップでは実機が展示されており、ネット上にも複数の「前評判」レビューが挙がってきています。

中でもXperia初となるトリプルカメラの評価は非常にきになるところ。

そんな中に一つ、ちょっと気になるカメラ周りの「不具合」報告が上がっていました。

au版Xperia 1 (SOV40)のもののようですが、どうやら撮影モードを通常→望遠?に切り替えると発生する模様で、切り替え後に動きがカクつきだすのがわかります。

これ、実際に撮影した動画自体がカクつくのか、表示上だけの問題なのかは不明。

前者だと不具合としてはかなり深刻だと思われますが、いずれにせよ修正が必要な問題だとは思います。

Xperia 1のカメラはまだバグ修正の段階で、これが理由で海外でも全体的にリリース時期が遅れていると言われています。

よって、現在展示されている実機もまだこのチューニング段階のものという可能性は高いですが、製品版までにはしっかりと直してほしい不具合ですね。

コメント

  1. とおりすがり より:

    これって使用するセンサーモジュールを切り替えたときだからね。不具合には違いないけど、じつしようにどれだけ影響するかと言われると疑問。

  2. 七市 より:

    餅は餅屋
    餅作りが下手だった・・・

    みたいな流れだな