次期Xperiaは「Xperia 2」ではなく「Xperia 1s」、6インチで今夏にリリースか(噂)

新型Xperia、と言えば国内でも6月中旬にドコモ、au、ソフトバンクの夏モデルとしてリリースされるXperia 1ですが、昨日、この”後続機”となる「Xperia 2」こと次期Xperiaのレンダリング画像がリークされました。

有名リーカーのOnleaks氏がリークしたものであることから、その存在と外観は99%正確と言ってよいと思いますが、機種名についてはあくまで仮名。

そんな中、この通称”Xperia 2”について興味深い追加・修正情報がでてきました。

これ、Weibo上の信ぴょう性が微妙なユーザーからのものなので、噂レベルで受け取っておいた方が無難。
ただ、元のソースは当人ではなく、どこかの英語圏のフォラムの模様です。

これによると、先のレンダリング画像そのものは正確ながら、この次期Xperiaの機種名はXperia 2ではなくXperia 1sで、ディスプレイサイズは6.1インチではなく6インチ(誤差の範囲)、リリースは秋ではなく夏の終わりになるとのこと。

Onleaks氏のレンダリング画像はCADデータをベースにしているようで、ディスプレイサイズも画像のデータから算出したサイズの模様。

そのため、メーカーが公表するサイズと0.1インチほどずれることは過去にもありました。
よって、この部分は特に気にすることではないと思います。

一方、機種名については4月ごろに韓国系フォラムで「Xperia 1s」という未発表モデルがリークされており、そのスペックは:

・6インチ、2560×1097、21:9 HDR OLED
・Snapdragon 855
・6GB RAM
・128GBストレージ
・3カラー
・バッテリー容量:3000mAh
・側面指紋センサー
・IP65/68

とのことでした。

つまり、ディスプレイサイズの「誤差」を除けばこの3つのスペック情報はどれも整合性がある、ということに。

ただ、以前の情報ではXperia 1sは5月末に発表もしくはリリースされるとも書かれており、これについては今となっては非現実的。

一方、今回の情報では夏の終わり、とのことですが、IFA 2019の開催が8月末なので、ひょっとして「発表」と混同されているという可能性もあるのかもしれません。

ちなみにこのXperia 1s/Xperia 2、サイズは158 x 68.3 x 8.3 mmと167 x 72 x 8.2 mmのXperia 1より長さは1センチ近く、横幅も数ミリ狭くなっています。(厚みは0.1mm増し)

一方、既存最新の「コンパクト」、Xperia XZ2 Compactが135 x 65 x 12.1なので、やはり過去のXperiaのレギュラーフラッグシップとコンパクトモデルの間くらいの位置づけとなりそうですね。