IFA発表の次期Xperiaはポップアップ式カメラ搭載のミッドレンジ+3つの新機能フラッグシップ(噂)

新型Xperia、と言えば国内でもキャリアの夏モデル新作としてのリリースがほぼ確定しているXperia 1やドコモ”以外”からの発売の可能性の高いミッドレンジXperiaが話題の中心。

その一方で、8月末のIFA 2019での発表が期待されている次期Xperiaについても噂が絶えません。

そんな中、このIFAで発表されるとされる次世代Xperia、2機種についての新情報がでてきました。

ソースの信ぴょう性はかなり怪しい情報なので、その上での仮定、となりますが、事実ならばなかなか興味深い内容。

まず、IFAで発表される新型Xperiaは2モデルで、うち1モデルはミッドレンジ

この機種はSnapdraon 710、21:9比率のLCDディスプレイ、6GB RAM、128GBストレージを搭載というスペックで、メインカメラはデュアル仕様、前面カメラは端末上部からカメラがポップアップする格納式になる、とのこと。

また、この機種のメインカメラは大画素数で、スクリーンも大型になるとのことです。

ポップアップ式の前面カメラは他メーカーではかなり増えてきていますが、ソニーでも採用の可能性があるというのは初耳。

ただ、Xperia 1の開発インタビューでも今後もソニーはパンチホール(穴あき型)ディスプレイやノッチを採用することはない、とほぼ断言に近い発言があるので、今後さらにベゼルを細くするとすれば前面カメラ自体を廃止するか、このポップアップにするか、という選択肢しかありません。

そういった意味で全くあり得ない話、ではないような気もします。

一方、もう1モデルはフラッグシップで詳細スペックは不明ながら3つの独占新機能、おそらく「世界初」の機能を搭載している模様です。

次期フラッグシップXperiaはいままでの噂では「Xperia 2」というXperia 1よりスペックを落としたレギュラーフラッグシップになると言われています。

これに3つの新機能とのことですが、カメラ周りはXperia 1でとりあえず出尽くし感があるので、となるとゲーム関係、でしょうか。

コメント

  1. がんばれ日本メーカー より:

    次期モデルの噂は多過ぎてバラバラで
    何が何だかさっぱり解らない・・・

  2. とおりすがり より:

    ソニー内部でも、いろいろな試作機は作ってるだろうけど、
    この手のリークってソニー内部の関係者が、その試作機を見て
    次シーズンの製品だと勘違いしてリークする場合も多そうだよね。

  3. うー より:

    SONYがポップアップ式の前面カメラを自前で作るってこと?
    そうだとすると可能性は低いような気がする。
    けど他社製のカメラを導入するのなら可能性はありそう。
    ポップアップ式も単価は下がってきてるだろうし価格競争でSONYが勝つためには他社製のパーツ比率を上げないと勝つのは無理よねぇ…