次期iPhoneではTouch ID復活か、ディスプレイ内蔵指紋センサーの特許資料が発見

2019年版の新型iPhone、と言えば今年秋にリリース予定のiPhone XIやiPhone XRの後継機などが話題ですが、今回、この次世代iPhoneで指紋認証センサーが復活する可能性がでてきました。

Patently Appleが最近米国で取得された特許資料から伝えたもの。

ご存知のように、iPhoneでは一昨年のiPhone XでTouch IDが廃止されFace IDへと移行。

昨年のiPhone XsシリーズおよびiPhone XRもこの流れを引き継いでいました。

一方で顔認証より指紋認証のほうが便利、使いやすいという声が相変わらず多いのもの事実。

ただ、iPhone XIのレンダリング画像は複数リークされていますが、これだけでは画面内蔵型指紋センサーの有無を判断することはできません。

よって、今年のiPhoneで復活する可能性もあれば来年以降のモデルに持ち越される可能性、もしくは特許だけ取得して実現せず、という可能性も無きにしもあらず、ではないかと思われます。