iPhone XIの最終3Dレンダリング画像がリーク

今年秋にリリースされる2019年版の新型iPhoneの一つ、iPhone XI。

以前よりいくつかの有力画像は存在していましたが、今回、最終的なデザインとされる鮮明なレンダリング画像がリークされていました。

ソースがOnleaks氏なのでほぼ公式レンダリングとみて間違いないでしょう。

ご覧のように正方形の枠の中に3つのカメラ・レンズ+LEDフラッシュが搭載されており、これは今までのリーク通り。

ただ、当初よりもかなりレンズが大きく見えるのは気のせいでしょうか。

端末のサイズは143.9 x 71.4 x 7.8mmでカメラの出っ張り部分を入れると厚みは9mmとのこと。

ディスプレイサイズはiPhone Xsと同じ5.8インチですが、143.6 x 70.9 x 7.7mmの前モデルと比べ全体的に若干サイズアップしているようです。

また、その他にも前モデルからの小さな変更が。

前モデルまでは(縦置きの状態で)左右にスライドするタイプだった長細いミュートボタンが丸形に変わり、上下にスライドするタイプになっている模様。

↑iPhone XSのミュートボタン

なお、このiPhone XIはバッテリー容量が3189mAhで前モデルの2658mAhからは2割近くの大幅アップとなるようです。

ソース

コメント

  1. ya より:

    画面占有率が高くなっている今、最新端末として見るとノッチがデカ過ぎる

  2. 名無し より:

    フェイスIDの部分が2019年になっても小型化できなかったのかな??

  3. 名無し より:

    ただでさえM字ハゲノッチダサいのに、なんだこの背面カメラのデザインは…
    ジョブスが見たら卒倒するダサさだ。

  4. ファーウェイのスクエアカメラはiPhoneのスパイが得た情報からなのだろうか より:

    クソデカスクエアカメラがボディ端配置ってどういうバランス感覚なんだろう…と疑問を呈さずにはいられない