夏モデル、ソフトバンクが初のLenovoスマホリリースか。「801LV」ベンチスコアが発見

2019年夏モデルの新作ラインナップ。

ドコモ版については新型XperiaXperia 1やGalaxy S10/S10+、Galaxy Fold、AQUOS R3、Huawei P30 Proといったある程度のラインナップが予想できていますが、いまいち情報が見えてこないのがソフトバンクの夏モデル。

そんな中、同社の夏モデルに該当すると思われるモデルがベンチマークサイト、GeekbenchおよびGFXbench上で発見されました。

801LVという型番。

ソフトバンク版の現在の型番は3桁の数字(現在は8から始まる)+メーカー名を省略したアルファベット2文字なので(例:Xperia XZ3=801SO)、この801LVは2019年版のレノボ製スマートフォン、という可能性が極めて高いと言えると思います。

ただ、ベンチマークスコア自体は3000台中盤でメモリも3GB RAM。

よってミッドレンジ、あるいはローエンドに近い機種ということになりそう。

チップはクアルコムのSnapdragonで間違いなさそうですが、ベンチスコアからすると良くて600番台、おそらく400番台だと思われます。

レノボは国内でも数年前にSIMフリーモデル、PHAB2 Proをリリースしていますが、国内キャリアからスマートフォンを展開したことはないはず。

一方、レノボは傘下ブランドのモトローラからMoto

コメント

  1. John Doe より:

    法人向けには503LVが発売されていたので、「初」ではないのですが