Xperia 1のドコモなど国内版は64GB&128GB版の”両方”リリースの可能性(噂)

ソニーモバイルの新型Xperiaフラッグシップモデル、Xperia 1。

2019年夏モデル新作としてドコモなど3キャリアから5月末~6月中にリリースされる可能性が高まっていますが、スペックについてはっきりしない部分が一点。

というのも、当サイトでも何度か取り上げているように、このXperia 1にはどうやらストレージ容量が64GBと128GBのモデルが存在。

そして数日前にはドコモなどの国内キャリア版は64GBストレージ搭載になる可能性が濃厚、という件をお伝えしました。

しかし、今回、この国内版Xperia 1のストレージ容量について今までの情報とはちょっと異なる追加情報がでてきました。

アメリカや日本、台湾などの一部の国ではXperia 1は64GBと128GB版の両方が展開される。

1つのキャリアが両方のバージョンを取り扱う可能性すらある。

といった内容。

今までの情報では日本など、一部地域のXperia 1はストレージ容量64GBになる。
つまり「1国1バージョン」と思われていました。

一方、今回の一つの国・地域で64GB/128GBの両バージョンがリリースされる、という情報は初耳。

また、1つの国・地域どころか1つのキャリアですら両方のストレージバージョンを取り扱う可能性があるとのことなので、ひょっとするとドコモ版も、という可能性も。

過去の国内キャリア版Xperiaで一つのキャリアがスペックの異なる同一機種をリリースした、という例はなかったと記憶しています。

一方で、iPhoneなどはキャリア版でも昔から3つのストレージオプションを用意しているので、他機種においてもありえない話ではない、という気もします。(でも個人的には信じがたいような・・・)

もしこれが事実で国内キャリアでも64GB/128GBの両バージョン展開、となればそういった意味でもこのXperia 1は新しい製品展開ということになります。

ちなみに今まで気づかなかったのですがアメリカや台湾などのソニーモバイル公式サイトをみると”disclaimer”(免責事項) として:

メモリーサイズ(ストレージ容量)はバージョンやマーケットによって異なる可能性があります

と記載されています。

ちなみに国・地域によってメモリ(RAM)サイズが異なったXperia XZ3ですが、どの国の公式サイトにもこのような記載はありませんでした。

そう考えると、この「バリーション」は一つの国でも2”バリエーション”という意味にも受け取れるような気がします。

コメント

  1. jj より:

    ストレージは64GBもあればそこまで困らないかなぁ
    それよか客はユーザーじゃなくてキャリアみたいな商売はいい加減うんざりなのでやめてほしい
    具体的にはソニーストアでも何でも良いからSIMフリーモデルも売って