2019年版新型iPhone XIには””ブラック・レンズコーティング技術”採用、ソニー製の超広角レンズ搭載、

今年秋にリリース予定の2019年版新型iPhone

iPhone XIシリーズという名称になる可能性が高そうですが、今回、この次期iPhoneのカメラ周りのスペックについて新情報がでてきました。

まず2019年のiPhoneラインナップは3モデル展開で、2018年のiPhone XS、XS Max、XR同様に6.5インチのOLED、5.8インチのOLED、6.1インチになるとのこと。

うち、OLED搭載の上位機種2モデルはトリプルカメラを搭載し、このセンサーの一つはソニーがAppleに独占供給する12MP、1um、/f2.2の超広角レンズになる模様です。

残りの2つのリアカメラ・センサーについての詳細は不明ですが、フロントカメラも前モデルの7MPからアップグレードされ、12MPになるとのこと。

また、これらのレンズには特殊な””ブラック・レンズコーティング技術”が使われ、これによりレンズ部分が目立たないようになる加工が施されるようです。

ソース

コメント

  1. 田仲田奈 より:

    ソニーが広角作ってないとかいってた人いたけど一体なんだったんだろうな。

    • 名無し より:

      最近作ったんじゃないの?遅くても半年前くらいには受注されるはず。
      P30proもソニーセンサーだから一切作ってないとは思うけど。