Galaxy Note 10は4バリエーション、8月上旬発表予定との情報

Galaxyシリーズの最新モデルと言えばGalaxy S10、S10+、S10e、そして5G通信対応のGalaxy S10 5Gの4モデル。

この内、Galaxy S10およびGalaxy S10+についてはすでにドコモ、auの新作夏モデルとしてリリースされることが確定していますが、今回、早くもこの後続フラッグシップとなるGalaxy Note 10シリーズについての情報がでてきました。

韓国メディア、ETNewsの情報として伝えたもの。

これによると、次期Galaxy Note、Galaxy Note 10は4G版と5G版を含めた4モデル展開になるとのこと。

このうち2つはLTEモデルでディスプレイサイズは6.28インチと6.75インチ
カメラ周りは前者がトリプルカメラ、後者がクアッドカメラ仕様になるとのことです。

なお、残りの5G版Note 10ですが、これらはネットワーク周り以外はディスプレイサイズもカメラスペックも4G版とほぼ同じになる模様。

つまり、このGalaxy Note 10では4G/5Gのバージョンがないとしても2つの異なるサイズ展開になるということ。

Galaxy Sシリーズは以前より無印と”+”、また今回は”e”など、いくつかのバリエーションが存在しましたが、Galaxy Noteシリーズでストレージやカラー以外のバリエーションが存在する、というのはこれが初めて。

Galaxy Noteシリーズはサイズ面でもGalaxy Sシリーズとの差が徐々になくなってきており、違いと言えばSペンの有無や全体的に角ばったデザインくらい、といった感じ。

よってNoteシリーズは大型Galaxy、というよりもGalaxy S10シリーズの半世代マイナーアップグレード版、という位置づけになってきましたね。

なお、同サイトによるとこのGalaxy Note 10シリーズは8月8日の発表が予定されているとのこと。

同月後半発表だったGalaxy Note 9と比べると若干早めのスケジュールでリリースされそうです。