ドコモ夏モデルの新型XperiaはSDM855搭載2モデルか、LCD搭載版の価格はXperia 1の半分(噂)

ソニーモバイルの新型Xperia、と言えばXperia 1

国内でも少なくともドコモの2019年夏モデルとして発売されることが期待されていますが、他の2キャリアでの取扱については微妙なところ。

そんな中、このドコモ夏新作としてリリースされる新型Xperiaのラインナップについてちょっと気になる情報が発見されました。

Snapdragon 855+LCD搭載版のXperiaはドコモよりリリース。価格はXperia 1の約半分の6万円程度となる。

GIZMOchinaのコメント欄に投稿されていた内容で信憑性は不明。

噂レベルの情報ですが、事実だとしてもいくつかの可能性が考えられます。

1.ドコモ夏モデルとしてリリースされるXperiaにはSDM855搭載の新型Xperiaが2モデル、1機種はXperia 1でもう1モデルはこのLCD搭載のスペックダウンされたXperiaが存在する

2.ドコモ夏モデルの新作XperiaはXperia 1ではなくこのLCD搭載のスペックダウンされたXperia”のみ”

3. ドコモ夏モデルの新作XperiaはXperia 1だけ。LCD搭載版Xperiaは夏モデルではなく別の時期(秋冬モデルなど)にリリース

1や2の可能性は個人的にはかなり低いとは思いますが、完全分離プランの導入に伴い端末価格を抑えたいキャリアの事情を考えると絶対にありえないとも言い切れないような気がします。

また、同じサイズクラスのSDM855搭載機が2モデル、というのはまずありえないと思いますが、もう1モデルがXperia Compactシリーズならば可能性は無きにしもあらず。
(ただし、今の所、次期Xperiaのコンパクトモデルはミッドレンジスペックとの情報)

一方、3の可能性は一番”自然”な気はしますが、ひょっとしてこれが俗にいうXperia 2、あるいはZackbucks氏が以前リークしている日本向けのLCD+SDM855に該当する機種なのかもしれません。

また、価格がXperia 1の半分程度、というのもこれが国内キャリア版のXperia 1の価格を指しているとすれば同機種の国内価格は12万円程度、ということに。

ただ、もう1モデルが同じSDM855搭載で価格が半分というのはかなり意外で、違いはディスプレイ(OLED vs LCD)だけではないはずです。

カメラの数やメモリ、ストレージ容量などもスペックダウンてリリースされそうな気がします。

コメント

  1. がんばれ日本メーカー より:

    ソニーの経営業況と分離プランのせいで
    リークがカオス状態。
    何が本当なのかさっぱり解らない。