Moto G8のレンダリング画像が早くもリーク、Xperia 1と同じ21:9画面で初のトリプルカメラ搭載

モトローラの新型Motoスマホ、と言えば先日リリースされた、Moto G7、G7 Plus、G7 Power、G7 Playの4モデル。

しかし、来年リリース予定のこのG7の後継機、Moto G8のレンダリング画像が早くもリークされていました。

ソースは情報の正確性では提供のある有名リーカーOnleaks氏

正直、今までのMotoシリーズといえばちょっと野暮ったい感じでしたが、このG8ではかなり洗練された感じになっており、ベゼルもG7シリーズ予定さらに細くなっています。

前面ではMotoシリーズとしては初めてとなるパンチホール型スクリーン搭載。

さらにカメラはこれもまたMotoスマホ初のトリプルカメラ仕様となっています。

その他のスペックとしては、まずこのMoto G8のディスプレイは6.2インチでおそらくFHD+。

端末サイズは160.1 x 71.2 x 9.1mmとのことです。

スクリーンのアスペクト比ですが、図ってみたところ20.6:9でした。
多少誤差がある可能性は十分ありますが、最近の主流のアスペクト比率は19:9か19.5:9なので、それよりも縦長なことは確かだと思われます。

となると、ソニーの新型XperiaXperia 1と同じ21:9ディスプレイを搭載という可能性も。

21:9スクリーンは他メーカーもちょくちょくリリースの気配がでてきており、となると、以前どこかのリーカーが予想していたとおり、21:9は今年後半から来年にかけて本当に「主流」になるかもしれませんね。

なお、今回のレンダリング画像を見る限り3.5mmジャックは健在のようです。

このmoto g8、リリースがまだ先なのでなんとも言えませんが、スペックと価格次第ではファーウェイのPシリーズやMateシリーズの廉価版(Lite)といったライバルSIMフリー機種と結構良い勝負をするかもしれませんね。

コメント

  1. より:

    そのベゼルの隙間にメーカーロゴ入れるのかw