AQUOSもフォルダブルに?シャープが「デュアル蝶番」のコンパクト折りたたみ式の特許

フォルダブル(折りたたみ式)スマホ元年とも言われる2019年。

少なくとも数社のメーカーが開発・リリース予定をしてしていることが明らかになっていますが、シャープのAQUOSシリーズにもこのフォルダブル・タイプの機種が登場する可能性がでてきました。

LETSGODIGITALが伝えたもので、シャープが新たな折りたたみ式スマートフォンの国際特許を取得したことが判明。

サムスンのGalaxy FoldやファーウェイのMate Xといったすでに正式発表済みのフォルダブル・スマートフォンは閉じたときがちょうど既存のスマホのような縦長な形に、開いた時は正方形に近いタブレットのような縦横比になるタイプとなっています。

一方、今回シャープが特許を申請したこのタイプはある意味逆で閉じたときが正方形に近い形、開いたときが既存の縦長になるようになっています。

また、このイラストを見る限り、開いた際の縦幅はかなり長く、Xperia 1のような21:9のアスペクト比に見えます。

さらに興味深いのはこのフォルダブルフォンは折りたたみ方が2通りある、という点。

折れ曲がる部分に「蝶番」が2つあるため、冒頭の画像のようにディスプレイが完全に内側に隠れるように均等に畳むだけでなく、ずらして畳むことでスクリーン上部がフォールドした状態でも表示可能なようにもできる模様。

これはおそらく通知などを表示するためのものではないかと思われます。

特許取得=製品化とは限りませんが、このタイプのフォルダブルフォン、実用化されればかなり小型で取り回しが良さそう。

既存のコンパクトAQUOSやXperiaの強豪ライバルとなるかもしれませんね。