Xperia 1にも搭載、サムスン製センサー搭載の新型Xperiaでカメラ不具合の報告

2019年版の新型XperiaといえばXperia 1、10、10 Plus。
(Xperia L3は発表以来ほとんど話題にも上りませんね・・・)

先日、これらのモデルのカメラでは一部にサムスン製センサーが採用されていることが判明。
ソニー製カメラを搭載していた旧型Xperiaとの性能差が気になるとろです。

そんな中、この新型Xperiaの一つ、Xperia 10 Plusのフロントカメラでちょっと気になる不具合報告が挙がっていました。

ソニーモバイルの公式フォラム上にあった報告で、フロントカメラで撮影をすると上のように画像上部に赤とグリーンの変色および歪み、そしてバブル?のようなものが写り込むという現象。

また、この報告者によると交換した2代目の端末でも同様の症状が発生し、オンラインのテストでも症状が確認できることからソフトの不具合ではない、とのこと。

また、同フォラムでは画像はありませんが、別ユーザーからも同じフロントカメラで撮影した画像の色合いがおかしい、という報告が挙がっています。

先日お伝えしたように、このXperia 10 Plusには合計3つのセンサーのうち2つがサムスン製(S5K4H8とS5K4H7YX)であることが明らかになっており、ソニー製センサーはリアカメラのメインセンサーとして搭載されていることが判明しています。

そしてこの不具合が報告されているフロントカメラのセンサーはおそらくS5K4H7YX。

ちなみにフラッグシップのXperia 1も公式スペック表を見る限りフロントカメラの仕様はXperia 10/10 Plusと全く同じ。

つまり、Xperia 1のフロントカメラもこのXperia 10と同一のセンサーが搭載されていると思われ、ZackbucksもXperia 1のフロントカメラセンサーはS5K4H7と明言しているので間違いないでしょう。

よって、今回の不具合がハード起因ならば機種全体あるいはある程度まとまったロット単位でXperia 1でも同じような不具合が発生する可能性は高いと思われます。

また、今年はXperia 1だけでなくこれらのXperia 10/10 Plusも国内リリースされる可能性が高いと言われているだけに気になるところです。

コメント

  1. がんばれ日本メーカー より:

    販売台数の多い日本で発売される前に
    解ってラッキーかもしれませんね。

  2. ノーサムスン より:

    やはりサムスンはサムスンだった(笑)

    Xperiaは好きだけど肝心のカメラがサムスンなら要らないな。