Pixel 3の廉価版は5.6インチ「Pixel 3a」と6インチ「Pixel 3a XL」と判明

Google純正スマホ、Pixelシリーズ。

現行のPixel 3シリーズには以前より新型Pixelとして廉価版が存在すると言われており、有名リーカーからすでに詳細なレンダリング画像もリーク済みとなっています。

これら廉価版Pixelの2モデルは当初Pixel 3 LiteおよびPixel 3 XL Liteなどといった仮称で呼ばれていましたが、今回、正式機種名が判明した模様です。

9TO5Googleが独自ソースから得た情報として伝えたもので、これによるとPixel 3シリーズの廉価版モデルはPixel 3aおよびPixel 3a XLという機種名になるとのこと。

さらにPixel 3aは5.6インチ、Pixel 3a XLの方は6インチになるようです。

Pixel 3が5.6インチ、Pixel 3 XLは6.3インチなので前者は廉価版のほうが若干ディスプレイが大きく、後者は小さくなっています。

なお、スペックについてはまだはっきりとした情報はありませんが、CPUについては Snapdragon 670もしくは710が搭載される可能性が高く、Pixel 3aの方のバッテリー容量は3000mAh程度になる模様です。

ちなみにこれら廉価版Pixel、おそらく国内でもリリースはされると思われますが、タイミング的には夏モデル、といった感じでしょうか。

元々、Pixelの前身であるNexusスマホはミッドレンジで価格の割に品質が良く人気を博したという歴史があります。

そのため、Pixelシリーズにも同様のリーズナブルなラインナップを求める声は以前から根強くありました。

そういった意味でこのミッドレンジPixel、価格がよほど高くなければNexusファンに結構アピールするかもしれませんね。

コメント

  1. まさき より:

    Xperiaはいらないけど、Pixelは欲しいかな
    ファブレット端末なんかいらないし、ソニーは、価格が高過ぎて、なんかスペックもSDM855搭載、6GBのRAMで、高い金額でしょ?
    高スペックならRAMの容量は8GBが普通でしょ?

  2. a より:

    でもHuawei Pシリーズと比べたら。。。
    要はコスパ