Xperia 1の重さ、発表時より”若干”の軽量化に成功?

ソニーモバイルの新型Xperiaフラッグシップ、Xperia 1。

国内での発売予定は今夏モデルとしてドコモ独占になるのかau、ソフトバンクからもリリースされるのか、まだまだ不明な点が多い状態ですが、今回このXperia 1のスペックについて発表当初からマイナーな変更があった可能性がでてきました。

公式サイト上のスペック表にXperia 1の重量が記載されていなかったため、ソニーモバイル公式フォラム上でユーザーが尋ね、それに公式サポートが返答したもの。

ご覧のようにXperia 1の重量は178グラム、と明記されています。

ただ、確かに公式サイトのスペック表には重量の記載がありません。

一方、確か発表時には「180グラム」との記述があったはず。

最初は私の見間違いもしくは勘違いと思ったのですが、GSMArenaといった大手メディアのスペック表でも同様の表記をしているので、当時にその重量表記だったことは確か。

つまり、このXperia 1、発表当初より若干ですが軽量化された、という可能性が高いです。

ちなみに6.4インチのGalaxy S10+の重量は175グラムなので、ほぼ同レベルといった感じ。
また、同じ6.5インチで3000mAhバッテリー搭載(Xperia 1は3330mAh)の重量は180グラムとのこと。

2グラムと言えば1円玉2枚の重さなのでかなり微妙な違い。
おそらく実使用でその差を感じるレベルではないと思いますが、昨年のXperia XZ2シリーズ「重い!」とのネガティブ評価が多かっただけに頑張ったのではないでしょうか。