Xperia 1の日本リリース予定、ドコモ夏モデルだけの可能性、カメラのデバッグで苦戦中

ソニーモバイルが先日公式発表した21:9スクリーン搭載の新型Xperia、Xperia 1。

少なくとも海外の一部では春の終わりまでにはリリースされる予定ですが、やはり国内でのリリース予定が気になっている方も多い模様。

また、このXperia 1は正式発表されたのにもかかわらず有名サイトでもレビューは「表面的」なものばかりで動作確認やこの新型Xperiaで確実に撮影されたと証明できるカメラ・レビューなどもまだ皆無です。

そんな中、今回、有名リーカーのZackbucksがこの新型Xperiaの開発状況および日本でのリリースに関する興味深い情報をリークしていました。

Xperia 1の公式なレビュー端末がまだ出てきていない理由は日本のソニーのカメラチームがまだカメラ周りのデバッギングで苦戦しているため。

他の性能についてもあまり参考になるものがない。

MWC2019で公開されたのは外観とインターフェイスだけだったが、開発自体が遅れているということではない。

ただ、ドコモの夏モデルとして発売されることは確実。

要は、開発自体は終了しているもののカメラ周りのチューニングで時間を取られているがドコモの夏モデル商戦には間に合う、といった感じでしょうか。

ちなみにカメラ周りのソフトのデバッグを行っている「カメラチーム」というのはやはり今回からモバイル部門に協力することになったαカメラのチームでしょうか?

ただ、このカメラ周りのデバッグよりも個人的に気になるのはここで名前が挙がっているキャリアがドコモのみ、という点。

というのも、信憑性は低いソースからのものではありますが、過去にはこのXperia 1の国内発売がドコモだけになる、という噂も存在し、また、現在のところ見つかっている型番もドコモ版のみという情報も(←この型番自体の信憑性も低いですが)。

Zackbucks氏が日本のキャリアについてどの程度知っているのかは不明ですが、普通、3キャリアからXperia 1がリリースされるのであれば「日本のキャリアの夏モデル」といった表現を使うように思うのですが。

コメント

  1. そそそそソニー より:

    auやソフトバンクが扱わないとすれば、
    それはそれで正しい選択なんじゃないかと。

    Xperiaのみならず、分離プラン義務化で売れ行き不透明な高価格機を、
    どこのキャリアも在庫として抱えたくないでしょう。
    (各店舗に在庫を置く必要があるのはキツい)