Xperia、アプデでまたやらかした模様、XZ2Pのタッチ不具合修正アプデで症状悪化

Xperiaのプレミアムモデル、と言えば先日リリース発表されたXperia 1が話題ですが、系統的にこの新型Xperiaの前モデルとなるのが「Xperia XZ2 Premium」。

国内ではドコモおよびauから展開されているこのXZ2 Premiumですが、どうやら両キャリア最近リリースされたアップデートで修正されるはずの不具合がさらに悪化するという普通ならありえない状況が発生しているようです。

もともと、このXZ2 Premiumでは以前よりタッチパネルが誤作動、勝手に反応したりといったタッチ不具合、通称「ゴーストタッチ」の報告が多数上がっていました

そして27日にドコモ版とau版XZ2Pの両方に同日アップデートが提供。
いずれもアップデート内容はセキュリティーパッチとタッチ不具合、つまり俗に言うゴーストタッチの修正とのことでした。

ところが、5ちゃんねるTwitter上の報告を見ていると、アップデート後にタッチ反応がおかしくなった、悪化したという症状が多発

アップデート前にゴーストタッチはなかったという端末でも逆にアップデート後に不具合が発生したという報告まで挙がっています。

特にシングルタップがダブルタップとして認識されるケースが多く報告されています。

Xperiaに関しては11月にもXperia XZ1で修理送りになるレベルのアプデによる不具合が発せ、提供を中止するということがあり、ちょっと最近多いですね。

ただ、この手の問題はシャープのAQUOSでもちょくちょく起きています。

ここ最近、XperiaやAQUOSのアップデートは過去と比べるとかなり迅速になっていますが、その分検証などが十分にできていないのでしゃないでしょうか?

もしくはこの不具合、一部では修理によるディスプレイ交換で改善したという報告も散見されるので、ひょっとするとリコールレベルのハード欠陥なんていう可能性もあるのかもしれません。

訂正:当初、この不具合を受けてドコモ向けのアップデートが中断、と書きましたが、これはXpeira XZ Premiumのもので間違いでした。該当箇所を削除、訂正させていただきました。

コメント

  1. 匿名 より:

    xzpの話してるの?xz2pの話してるの?なんでxzpの中断スクショ貼ってるの?