2019 Xperiaフラッグシップは2機種をリリース予定、次期モデルも8GBメモリ搭載予定はなし

ソニーモバイルの最新フラッグシップモデル、Xperia 1

2019年夏モデルとして発売される国内キャリア版はおそらく6月中のリリースといった感じになりそうですが、一部ではすでにこのXperia 1の後継・次期モデルが気になっている方も結構多いという印象。

そんな中、有名リーカーZackbucks氏が2019年リリース予定の新型Xperiaフラッグシップについて新たな興味深い情報をリークしていました。

重要なのは最後の部分で、「今年のフラッグシップXperiaは両機種とも6GB RAM」とあります。

「両機種」ということは「2つ」ということなので、今回のXperia 1を含め、2019年版のXperiaフラッグシップは2モデルがリリース予定、ということになります。

ライバル機種ではいまや8GB RAMは当たり前、10GBや12GB RAM搭載のモデルまで出てきていますが、その一方でメモリは6GBもあれば十分という意見がかなり広く見られるのも事実。

よって、次期Xperiaフラッグシップも6GB RAMを維持、というのは必ずしもネガティブな情報ではないと思います。

むしろこの投稿、個人的には安心する情報でもあります。

というのも、今までの情報では9月のIFAでリリース発表されと言われている次期XperiaフラッグシップはXperia 1ほどのプレミアム機種ではなく、スペック面でダウングレードされるという有力情報が複数挙がっており、おそらくこれは事実。(この新型XperiaはXperia 2という機種名になるとも噂されています)

そのため、ひょっとするとメモリもXperia 1の6GBから4GBに減量という可能性もあるのでは?と心配していたのですが、今回の情報では少なくともメモリに関してはスペックダウンされない可能性が高まったということに。

となると、やはりこの次期Xperiaでダウングレードされるのはディスプレイ解像度やカメラ周り(レンズ数)などといった感じでしょうか。

コメント

  1. がんばれ日本メーカー より:

    メモリ4GBのPCでも問題なく
    使えてるので6GBもあれば充分。
    それ以上は電力の無駄ですよね。
    カメラはダウングレードさせるより
    そのままXperia1のを使った方が
    コストダウンになりそうですが
    2レンズにするのかな?
    画面パネルは供給先の都合で
    どうなるか解りませんね。
    個人的に1番気になるのはデザイン。
    今度こそ頼みますよ、ソニーさん!

  2. arrows man より:

    私的には普段使いに3GBあれば充分だと思ってます。
    動画に関してもフルHD程度ならば4GBでも普通に見られますし、超高画質のゲームをしているのであれば6GBかなといった認識です。

  3. そに より:

    6GBでも良いんですが、その程度でフラグシップと言い
    他社のフラグシップ同等の値段を付けるから
    シェアが落ちるんだと思う。

    良くてミドルハイぐらいだと思う