Xperia 10とXperia 10 Plusのベンチマークスコア比較、SDM630 vs 636の性能差は?

新型Xperia、と言えばフラッグシップのXperia 1が注目されていますが、これと同時に発表されたミッドレンジモデル、Xperia 10およびXperia 10 Plusも気になる所。

先日、ソニーモバイルの開発者インタビュー内で今年はミッドレンジXperiaの国内リリースの可能性も言及されており、結構国内でも関心のあるユーザーが多いという印象です。

そんな中、これらXperia 10シリーズの2モデルのベンチマークが初めてGeekbench上で発見されました。

Xperia 10 (I4193)のベンチスコア

Xperia 10 Plus (I4293)のベンチスコア

ご存知のようにこのXperia 10とXperia 10 Plusは搭載CPUが異なり10はSnapdragon 630、10 PlusはSnapdraon 636となっています。

両者のマルチコアのスコア差はXperia 10 Plusのほうが2割弱上とそれほど大きくありませんがシングルコアでは結構大きな差がついています。

なお、これ搭載CPUがいずれもSDM660となっていますが、どうやらマザーボードが共通?のためかGeekbench上だとSDM6XXシリーズがすべてこの表示になってしまう模様。
(XA2シリーズのときもそうでした)

よって、残念ながらこのXperia 10シリーズにSDM660搭載版も存在!というわけではありません。