新型Xperia、今後の機種名は「Xperia 1~10の間」に、ミッドレンジの国内リリース検討も明言

先日MWC2019でソニーモバイルが発表した2019年版の新型Xperiaラインナップ。

少なくともXperia 1、Xperia 10、Xperia 10 Plus、Xperia L3と計4機種がリリースされますが、今回、新シリーズ名を関すことになったXperiaの今後のネーミングなどについて興味深い記事がありました。

マイナビニュースによるソニーモバイル商品企画部門の部門長、田嶋知一氏へのインタビュー記事で、基本的にはXperia 1の開発経緯やセールスポイントを紹介する内容の記事。
ただ、それ以外にも重要なメッセージがいくつかあったので紹介したいと思います。

フラッグシップをXperia 1、ミッドレンジをXperia 10として、1から10までをソニーモバイルが戦うコアのゾーンとして定め、そのゾーンの中でキーとなる商品を導入してシリーズ化していこうと考えている

要は、今後のXperiaの機種名は基本的にはXperia 1~Xperia 10の間になる、ということで、1がプレミアム、10がミッドレンジ。

ということはもし今後コンパクトモデルや”Ultra”があるとすればこの間の数字(例:Xperia 3やXperia 5)になるといことになるのではないでしょうか。

また、番号はあくまでモデルのグレードやタイプ(プレミアム、ハイエンド、ミッドレンジ、コンパクト、など)を表すもので、機種世代を表すものではない、ということにも。

となるとXperia 1の後継機はXperia 1.1、1.2、1.3といった命名規則、あるいはXperia 1 II、Xperia 1 III、Xperia 1 IVといった感じになるのでしょうか。

また、以下の部分も重要。

ミドルレンジの需要があって、そこにも好きを極めたい人々がいるのもわかっていますので、ミドルレンジの商品を日本に導入することも検討しています。

ミッドレンジXperiaを日本でリリースするとまでは断言していませんが、「検討している」ことは確実。よってかなりの確率で実現するのではないでしょうか。

一方、新型Xperiaミッドレンジで日本でのリリースが期待されているのはやはりXperia 10やXperia 10 Plusだと思いますが、ここでは「ミッドレンジ」と言っているだけなので、Xperia L3や過去にレンダリング画像がリークされたコンパクトモデルを指している可能性も十分にあると思います。

また、キャリアから2019年夏モデルとしてリリースされるのか、SIMフリーとしてリリースされるのか、それとも両方から展開されるのかも不明。

ただ、キャリア夏モデルとして発売されることがほぼ確実な主力のXperia 1はもちろんのこと、今年の春から夏にかけての国内スマホ市場、結構面白いことになりそうですね。

ソース

コメント

  1. がんばれ日本メーカー より:

    全世界でスマホが飽和状態の中、
    世界での中国製品への不買運動。
    逆に中国での外国製品の不買運動。
    世界でのiphone販売不振。
    それらにともない世界中のスマホ用部品が
    投げ売り状態になっても
    おかしくない状況。
    世界中のメーカーからハイエンド部品を
    使ったモデルが安値でどんどん出て来ても
    おかしくない。
    今年からカオスが始まるかもしれない。