新型 Xperia 1などの21:9ワイドスクリーンは今後主流に?OnePlusも採用の可能性

昨日正式発表された2019年版の新型Xperia

フラッグシップのXperia 1についてはバッテリー容量など、スペックの一部については不満・不安材料も指摘されているもののネット上の全体的な評価として好意的なものが多いという印象。

また、搭載チップがイマイチと言われているXperia 10や10 Plusについても価格次第では十分他メーカーのミッドレンジと張り合えるという印象です。

一方、このXperia 1、10、10 Plusの最大の特徴といえばなんと言っても21:9のワイドスクリーンの採用。

対応しているアプリが少なく、無意味な余白(余黒?)ができてしまう可能性や、表示がおかしくなる可能性などが懸念されているのも事実。

ただ、どうやらこの21:9ディスプレイの搭載を検討しているのソニーモバイルに限らない模様です。

以下はMWCで展示されていたという5G対応OnePlusの画面デモ。

GSMArenaによると、この画面は測定すると21:9というアスペクト比率とのことで、今後OnePlusがリリースするモデルもこのタイプのスクリーンが採用される可能性があるとのこと。

ちなみにこれ、両サイドの黒い部分はベゼルではないようですね・・・

そう言えば、数週間前にも有名リーカーが今後はソニー以外のメジャーメーカーも21:9ディスプレイを採用する可能性が高い、といった発言がありました。

また、ESATO情報ではNetflixやYoutubeなどもXperia 1の発売までにはこの21:9画面表示に対応したアプリをリリースするとも言われています。

それにしてもこのXperia 1や10シリーズのワイド画面、実際に使用するとまた違うのかもしれませんが、結構見慣れてきて違和感がなくなってきているのは私だけでしょうか。

コメント

  1. がんばれ日本メーカー より:

    絶対主流にならないと思う。
    私は仕事で自分のスマホを使わないから
    本体が長くても問題無いけど
    仕事で使ってる人にとっては
    長いと邪魔でしょ。
    ソニーは伝統的に娯楽重視の
    メーカーだから、これでいいけど。