新型Xperiaのドコモ版(夏モデル)は3モデル、”XZ4”だけでなく超低スペック・価格のコンパクトXperiaも(噂)

2月25日に正式リリース発表を控えた2019年版の新型Xperiaラインナップ。

Xperia XZ4こと次期フラッグシップモデルに加え、Xperia 10、Xperia 10 Plusのミッドレンジ、Xperia L3のローエンドモデルの最低でも4モデルのリリースが確定的となっています。

そうなる時になるのが国内で2019年夏モデルとしてリリースされるキャリア版のラインナップ。

今回、これについて非常に興味深い新情報が発見されました。

これ、XperiaBlogのちょっと古い記事のコメント欄に投稿されていたもので、ロシアではそこそこ有名?なリーカーが投稿した同国の某掲示板上からの情報とのこと。

内容としては:

ドコモ版2019年夏モデルとしてリリースされるXperia 3モデル

・Xperia “XZ4″(もしくは別名のフラッグシップ)

・Xperia 10もしくはXperia 10 Plus

・超低スペック、低価格のコンパクトXperiaモデル(Xperia XZ4 Compactではない)

どの機種にどの型番が割り当てられるかは不明ですが、これが事実ならドコモの今夏モデルSO-02L、SO-03L、SO-04Lという3モデル展開ということに。

そう言えば、昨年末にOnleaks氏が「Xperia XZ4 Compact」としてリークしたレンダリング画像がありますが、このモデルだけがいまだにスペックはもちろん、リリースの有無すらはっきりしない状態となっています。(UAprof上でも型番未確認)

ひょっとするとこの超低スペックなコンパクトXperiaがこれに該当するモデル、という可能性もあるのではないでしょうか。

「Xperia XZ4 Compact」はレンダリング画像がリークされた当初より「ハイエンドではない地域限定モデル」と言われてきましたが、Xperia 10や10 Plusと比較するとミッドレンジとしてもデザインがチープな感じ。

一方、これがローエンドならちょっと話は別。かなり外見的にも納得が行くようなきます。

なお、昨年のドコモの夏モデルはXperia XZ2、XZ2 Compact、XZ2 Premiumでしたが2019年ドコモ夏モデルは同じ3モデルでも全体のスペック、価格帯を落としたラインナップ、という感じになりそうですね。

そう言えば、ロシア系のサイトってなぜか日本のキャリア版モデルをカバーしていることが多いような気がするのですが、なぜでしょうか。

ちなみにこれら3モデルのうち、コンパクトモデルは価格もかなり安くなる、とのことなので、このモデルに関してはdocomo withで展開となりそうですが、Xperia 10/10 Ulraはどうなのでしょう。

「10」の方ならばdocomo with入りの可能性はあると思いますが、10 Plusだとちょっと価格が高めなので微妙といったところですね。