次期Xperiaにやってほしかった「画面がスピーカーに」のスマホ版「アコースティック サーフェス」、LG G8が初搭載へ

LGエレクトロニクスの最新フラッグシップモデル、LG G8 ThinQ

MWC2019で発表されるフラッグシップは意外と少なくなりそうで、今の所、ソニーの”Xperia XZ4″に並んで注目されそうな機種となっています。

今回、そのLG G8 ThinkQで「スマホ初」として搭載される新機能が明らかになった模様です。

XDAが伝えたもので、このLG G8 ThinQにはCrystal Sound OLED (CSO)という新技術が使われ、”エキサイター”と呼ばれるディスプレイ下のコンポーネントがOLEDパネルを振動させて音が出る、という仕組みの模様。

これ、一昨年ソニーが発表した有機ELテレビ「A1E」で初搭載されたアコースティック サーフェスのスマホ版といったところではないでしょうか。

なお、このLG G8には当然グリル式のスピーカーは搭載されない、ということになると思います。

この技術、以前よりベゼルをなくしても前面から音が出せる、という点で一部Xperiaユーザーなど、フロントスピーカーにこだわるユーザーにとっては新型Xperiaでの搭載が期待・噂されていました。

が、結局LGに先を越されてしまったという感じ。(というかこの技術自体、ソニーは他社に売ったという噂も)

LG G8 ThinkQはその他にもフロントにToFセンサーを搭載し、タッチレス操作を可能にするなど、色々と新しい機能が搭載されいる模様。

いずれの機能も正直実用面でどの程度役立つのかは疑問。

というか、これらが購買判断を最終的に左右するポイントになるとは思いませんが、こういった攻めの姿勢は素直に評価したいと思います。

コメント

  1. RF より:

    もうダメやんwwww
    だからソニモバ赤字なんやww

  2. にわか より:

    買ったのはサムスンだと思ってたけどLGだったのかな?

  3. ななし より:

    これ大画面ではどうか知らないけどスマホみたいな小さい画面だと音質が良くないんだよね
    通話の声も聴きとりづらいし
    Xperiaに搭載されなくてよかったよ